« コーチングにどっぷりの週末 | トップページ | 業界誌の連載 »

2004/12/21

お葬式

数日前のイヤな予感が的中。大家さんのおじさんがお亡くなりになった。71歳。大往生とは言えない。

マンションの一階で製造業を営んでいた大家さんは昔からこの地にいる人。だから町内の掲示板全てに告知されていた。

一昨日それを知った私、スケジュールを調整してお葬式に行ってきた。受付には不動産屋さんのおじさんが座っているし、参列者にはご近所の商店のよく見かけるお顔があちこちに。

今年の早春、我が家の給湯設備が壊れた。設備の取り替えが必要だったのだが、管理している不動産屋は何とかそれをせずに修理で対応して欲しそうだった。大家さんへ遠慮していた。

しかし、それじゃ私が困る。毎日ビクビクしてシャワーを浴びるのはかなわない。強く抵抗して取り替えてもらった。しばらくしてバッタリ会った大家さんのおじさんにお礼を言ったのだが、どうも不機嫌そう。やっぱり出費がイヤだったのかなと思っていた。それまでそんな対応はされたことがなかった。とても暖かみのあるおじさんだった。

でも、今思えば、この時はもう体調を崩されていたのかも知れない。

喪主は奥さんだった。この奥さん、とても素朴でいい人なのだ。お洒落なんかひとつもせず、会話上手でもないけれど、人柄の良さが伝わってくる人。時々ご夫妻で旅行に行かれたとかでおみやげを頂いたこともあった。

お焼香をした時、至近距離で目が合った。「すみませんねえ」と言っていた。多分、一般の間借り人で参列した人間は私だけだったに違いない。「がんばってくださいね」と目で伝えた。

参列してよかったと思った。


|

« コーチングにどっぷりの週末 | トップページ | 業界誌の連載 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お葬式:

« コーチングにどっぷりの週末 | トップページ | 業界誌の連載 »