« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/31

母子向けNLP

最近バリバリのビジネスワールドにいて、完璧なビジネス脳になっている私だが、今日はちょっと違う活動を。NLPマスターコースの先輩Aさんが開いているお母さん向けのNLPセミナーのお手伝いに行ってきた。

今回は母と子向けに「ディズニーストラテジー」というワークをやる。「手伝っていただけませんか?」というメールをいただいた。

これは今月のマスターコースで学んだばかり。これを子供にやるとどうなるのかしらん? と興味があって「行きまーす!」とメールをして参加。

2時間という短い時間のセミナーだったが、これが非常に楽しかった。私が担当したKくんは5歳。夢を語ってもらったら「『にんたま』になりたい」と。なんじゃそれ? というと、一緒に組んだお母さん(別の)がアニメですよと教えてくれた。


続きを読む "母子向けNLP"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/29

会社員だった頃は・・・・

一日があっという間に終わってしまう。「あれもやりたかったのに、これもやりたかったのにー・・・・」と思うことが多い。朝から晩までバタバタ働いているし、土日も祝日もなく働いている。でも、仕事は次から次へとやってくる。そこにプライベートな用事もつもりつもって結構たいへんな状況。

ふと、「会社員だったときはどうだったかなあ?」と考えた。毎日出勤するという普通のサラリーマン的な生活をしていたのは10年以上前のこと。最後のころは、朝5時半に起き、7時前に家を出、7時半から仕事をしていた。終業時刻は比較的早かったがそうは言っても家に帰るのは20時過ぎだったように記憶している。

それでも、そんなに「忙しい」とか「時間がない」という気はしなかった。出勤している間ずっと根を詰めて仕事をしていたわけではない。

続きを読む "会社員だった頃は・・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/28

パネルディスカッション

加入しているNPO法人キープラネットで一年間続いていた「高校生のためのキャリア開発研究会」。そのイベントがあった。

高校生および親御さん、先生向けのイベント。専門学校の情報や性格診断、職業診断、カウンセリング、カラー診断、講演、パネルディスカッションと盛りだくさん。各部門のプロが関わり、結構よい内容だったと思う。しかし、参加者はかなり少なく、非常に残念。

その原因はあれこれあれど、その中で私が担当したのはパネルディスカッションのコーディネーター。建築設計士の男性、来週から大学生になる方、海外を含めて転校人生を送った会社員の女性、ビューティーアドバイザーの女性
といったパネリストの良さを引き出す役目。

こういう形の役割は考えてみたら初めてだったが、非常に面白かった。

今思うと、もっとあんな質問をしたらよかったなとも思ったりするが、出来はまあまあ。聴き手の方がパネリストの発言に大きくうなずいたり、「ほぉー」っというような反応をしたりするのを、感じ取るのがとてもいい。もっといい発言をさせてあげよう、もっと気持ち良く話させてあげよう、と、いつも自分が講演したりするのとは全然違う観点でその場にいた。

パネリストの方々が「私っていいこと話したんだなあ」と思って帰ってくださっていたらとても嬉しい。

またこういう機会があったならやってみたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/25

かけ算のプロジェクト

このブログで何度か話題にしているプロジェクト。リーダーとは毎日何らかの連絡を取り合っている。

このプロジェクトがすごいのは、全員が持てる能力を「足す」のではなく「掛ける」ことにある。4名のプロが集まり、1人でやるときの何十倍もの効果を生み出そうという信念があるということ。

単なる一回の打ち合わせでも、ゴールが明確に打ち出され、全員が準備をして行かなければならない。こう書くと「なーんだ」と思われるだろうが、実は、こういうミーティングというものを私はあまり経験していない。

講師同士、コーチ同士、などでも数名でチームを組むときも、何となく集まってアウトラインを決め、あとはギリギリになって個々人が焦って何とか間に合わせるというパターン。

続きを読む "かけ算のプロジェクト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/24

Remember Who You Are

naokoNaokoさんにお願いしていたパワーストーンのアクセサリーが届いた。18種類の石が使われている。

作って下さったのは、クリスタルワーカーの恭子さん。

タイトルは「Remember Who You Are.」

私の現在の状態、そして望ましい状態をサポートする石をリーディングして選んで下さった。肉体、精神、感情の浄化と活性化を促してくれるそう。

続きを読む "Remember Who You Are"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

こんなところにも韓流が

お知り合いの研修会社社長(女性)の事務所訪問。お昼を食べ、少し話す。

書類の間にちらりと見えたのがヨン様の写真。それを伝えると、「待ってました」とばかりに話題がそちらに。まず見せられたのはヨン様ファイル。雑誌・新聞の記事や、ヨン様ツアーのパンフ、ネットからプリントアウトした情報などが綺麗にファイルされている。

その中にレジュメのようなものが・・・どうやら所属している異業種交流会で韓国映画と韓国旅行についてスピーチしたらしい。そのレジュメ、なかなか凄い。まるでビジネスに関するセミナーのもののようだ。

そして・・・「これを是非見てほしい」とのことで、出されたのが一枚のCD-ROM。

続きを読む "こんなところにも韓流が"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/03/22

風邪だ

数日前から喉が痛かったり寒気がしたりしていた。3連休はNLPマスターコースやら人に会ったりしてスケジュールが一杯。昨日はあまりにゾクゾクして咳も出てきたので早めに帰り、夜ご飯も食べずに8時就寝。

夜中中咳いた。くしゃみは一回40キロカロリー消費するとテレビで言っていたが、咳はどうなんだろう? 腹筋は確実に使っているし、多分一晩100回はするだろうから、これは痩せるのでは・・・なんて期待をする。

早く寝たからさぞ早起きできるだろうと予想していて、起きたら仕事をしようとしていたのだが、やはり体調が悪いときはいくらでも寝られる。起きたのはごくごく普通の時間。

続きを読む "風邪だ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2005/03/20

いざチャレンジ!

今、大きなプロジェクトに直面している。内容は某社の人材を育てることなのだが、内容が濃い。期間も長い。そして難しい。

自分自身で企画したものなら、自分のできること、そして少しチャレンジすることでやるのだが、今回は私より能力が遙かに高い方が企画している。私以外のプロジェクトメンバーはリーダー含めて3人いるのだが、その方々が何しろ「凄い!」人達ばかり。

MBAホルダーあり、大企業での管理職経験者あり、大企業で揉まれ勝ち残った経験者、現在多くの部下を抱える社長などなど・・・・声をかけていただいて、気軽に「やります!」とは言ったもののほんのちょっと後悔の念が。。。。

続きを読む "いざチャレンジ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2005/03/16

交流分析

仕事で必要になった交流分析。今DVDを借りて勉強中。

こんなにポピュラーな交流分析にあまり触れてこなかったのには理由がある。以前、ある講師の方の交流分析のセミナーに参加したことがあったのだが、それがよくなかったのだ。講師の方も多分よくわからないまま話しているのだろう。当然私もよくわからない。

よく考えれば、悪かったのは交流分析ではなくてそのセミナー(もっと言えば講師)だったのだが、私の意識の中では「交流分析=あまりよくないもの」と落ち着いてしまっていた。その後、人や心を分析するいろいろな考え方やツールに出会って、そちらの方がわかりやすくよかったということもある。

続きを読む "交流分析"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/14

改めて「口ベタだっていいじゃない」

「『口ベタだっていいじゃない』と思えるコミュニケーション力養成講座」が出て約2ヶ月。口ベタをコンプレックスに感じている読者の方に喜んで頂け、嬉しい思いをした。

この題名は私の頭の中にもキーワードとなって常にある。そのせいか、「私って何て口ベタなんだろう」と驚くような出来事が何度も起こっている。いや、「口ベタだっていいじゃない」と潜在意識にインプットしたことで、口ベタ症状が酷くなったのかも。

とにかく、この二ヶ月、話し上手な方と公私ともでご一緒する機会が非常に多かったのだ。

話し上手の方というのは、何であんなに言葉や話題が次から次へと出てくるのだろうか? 同じ人間とは到底思えないし、「こういう才能があっていつでもどこでも場を盛り上げることができるといいなあ」と思う。そういう方とご一緒すると、相手の方が話を振ってくれれば話すが、そうでない限りずっと聞くこととなる。何時間でもそうなる。話し上手の方からすると私の印象は「非常に大人しい人」に違いない。(実際は口は悪いし、場さえ与えられれば言いたいことをガンガン言うし、かなりずうずうしい。)

私は心の底から「口ベタだっていいじゃない」と思っている。でも、改めて今以上に口ベタを実感したいとは思わない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/12

リフレクソロジー

久しぶりにリフレクソロジーに行く。いつも行くのは近所の足エステなのだが、今日はお友達と食事帰り(満腹状態)に台湾式のお店「烏来」に入る。

このお店、いくつもあって以前に他店に行ったことがあった。そのときもしこたま食べて飲んで「寝たい~」と選んだ。今回もたらふく食べたあと。

私は台湾のお兄さん、お友達はお姉さんが担当。最初に烏龍茶で足を温め、そしてあとはひたすらマッサージ。あまりに気持ち良くてすぐに意識不明に。最後は蒸しタオルで両足をくるんで終わり。

最後にカルテみたいなのを渡される。「目、肩、胃、膀胱、咽頭、腰椎」が危険部位だそうだ。膀胱以外は自覚あり。気をつけよう。

こういうアジア系のお店は下手をするとちょっと怪しげな感じになるのだが、ここはそんなことはない。たどたどしい日本語の人が黙々とやってくれる。清潔だし安心。ヨーロッパ式のお店だとちょっと気取っていなければいけない感じがするのだが、ここはあくまで庶民的。それぞれに良さがある。

たった30分のリフレクソロジーでかなり疲れが取れた。また頑張ろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005/03/10

エッジにしました

出張や外出時にこれまでずっと使ってきたドコモのp-inをやめて AIR EDGEにした。

屋内でもよく繋がるというし、移動時もかなりOKという。NECのAX510Nというのにして、1M出るというコースにしようと1週間ほど悩んでいた。

帰宅途中に立ち寄ったビックカメラで思い切って買う。その時刻19:30。お腹も空いているのでさっさと買って家に帰ろうと思ったのだが、考えてみたら開通設定してもらわなければならない。「1時間ほどしたらまた来て下さい」と言われ、しまった!と。

続きを読む "エッジにしました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/03/08

いよいよ花粉が・・・

花粉が飛んでいるらしい。今のところ花粉症ではないのだが、今年は史上最多の飛散量とのことで、デビューする人がかなりいるらしい。

私にもいつかはその日が来るのだろうが、もし花粉症になったら、ただでさえない集中力がもっと欠けてしまうだろう。おまけに軟弱な私のこと、仕事がちゃんとできるかどうかも心配。デビューの日を1日でも良いから遅らせたい。

そういうわけで、ドラッグストアでマスクを購入。i-modeで花粉予報をチェックし、多そうな日はマスクを装着してみた。布製のものはどうも息苦しいのだけれど、紙製のものはなかなか良い。花粉だけでなくて塵などもカットしているのだろう。マスクを通して吸う空気は結構いい空気。これ、花粉症予防だけでなくカラダのためにいいかも知れない。

それにしても、マスクをつけたりはずしたりというのは結構面倒。鞄の中に入れ込むと行方不明になってしまうし。花粉症の方はそれを本当にこまめにやっていらっしゃる。大変だ。

今日は予報によると「非常に多い」マークがついている。マスクを忘れずに出掛けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005/03/05

叔母バカ

某小学生向けの雑誌に姪っ子が出た。雑誌の情報部員というものに応募して選ばれたらしい。

記事は5名の座談会。今彼らの中で流行っているものについて話されたもの。ここ数年、姪っ子とは断片的な会話ばかりできちんと話したことはない。記事を見て、彼女がもうすでに様々な情報を持っていて、彼女なりに考えていることがあるのだとわかった。所詮子供としか見ていなかったが1人の人間として着々と成長し、人格が形成されているのだと思うと感慨深いものがある。

彼女の発言の中に、「今度学校でフランダースの犬をブラックジャックが生き返らせる劇をやる」というものがあるのだけれど、それは実は彼女自身が脚本を書いたとか。もともとものを書くのが好きなのは知っていたが、そのような創造力があると聞くと嬉しくなってしまう。末は脚本家か作家? 絵が幼児の時から得意だったからイラストレーターなんかになれるかしらん? などと、うきうきしてしまうのは叔母バカそのもの。

続きを読む "叔母バカ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/03

出会いに感謝&デジオ

以前からメールで連絡を取り合っていたmiroさんにやっとお目に掛かることができました。初めてお会いしたのに、まるでずっと前からお友達だったような不思議な感覚。

miroさんは闘病中。でも前に進むエネルギーに満ちています。彼女のビジョンを聴いて心で共有しているうちに、幸福感に包まれました。

miroさんは病院の出口近くまで見送りに来て下さいました。「頑張ろうね」という気持ちを込めてハグをしました。彼女が病棟に戻られる後ろ姿は凛としていました。しっかりとした「軸」を持って生きているmiroさんから多くの学びを頂きました。この出会いに心から感謝しています。

続きを読む "出会いに感謝&デジオ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/03/02

感動しました

mari近所の本屋さんで何かに導かれるように手に取った本。感動しました。

「山古志村のマリと三匹の子犬」 桑原眞二・大野一興著 文芸春秋刊

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »