« コミュニケーションのスピード感 | トップページ | キャリアデザイン講演&取材 »

2005/04/18

NLPを学んで1年

NLPを学び初めて1年経過。現在マスタープラクティショナーコース在籍中。当初の学ぶ目的は、CTIジャパンで出会ったコアクティブコーチングによる劇的な変化のメカニズムを知るためだった。これは昨年のプラクティショナーコースである程度達成。

その後のマスターコース。実は昨年のコースではまだNLPの理解が不十分と感じた。人にはまだまだ伝えられない。そこで、勉強を継続することにしたのだが、ここ数ヶ月目的を見失っていた。

多忙な中、毎月通うのはかなりきつい。そして、何のためにやるのかわからないという自分と「NLPって素晴らしい!」と感じ入って真剣に学んでいて日常生活にどんどん活用している仲間とのギャップ。

コアクティブコーチングをすでに日常生活に入れ込んでしまっている中、敢えてNLPを日常に活用するスペースを見つけることができなかった。

後ろ向きな気持ちで参加したこの週末。テーマはビリーフ(信念、価値観、思いこみ)。まずは自分のビリーフを見つめるという作業。そしてこれを書き換えるという実習をやった。

すると・・・・面白いことが起こった。私は高校の担任のM先生を長い間恨んでいた。「あの先生さえいなければ思い通りの人生を送ることができていた」と思っていた。進学校に入り、難しい勉強に躓いた私を完璧に見下し、私を無視して母をも無視した。国立大学(それも超一流の大学)以外は大学じゃないと公言していた。

あのときもっと私の尊厳を大切にしてくれていたら・・・・部活に逃げなかっただろうし、過食症(だったと思う)になって体重があんなに増加しなかった。そして大学受験失敗という劣等感(これは現在も継続)を持たず、素敵な人生だったのに・・・と思っていた。

それを実習に投入したら・・・・・出てきたのは、M先生ではなかった。

高校一年の一学期の地学の授業。地学担当の先生が話しているのだけれど私には何が何だかわからない。教科書を何度も読むのだけれど、わからない。教科書の内容を理解できないというのは生まれて初めての体験だった。

「どうしよう」・・・・と思った。周りはわかっているらしい。当てられてとんちんかんな答えをした時、先生の冷たい視線。まだそのころは入学したばかり。お互いの実力をはかり合っている時期。「こいつ馬鹿だな」という無言の評価を感じた。

本当は、そこで、先生にわからないことを聞きにいくべきだった。「わからない」という経験をしたことがなかった私。対処方法を知らなかったのだ。その感覚を放っておけば他はわかるに違いない。と思った。

しかし、最初は地学だけがそんな状態だったのだが、だんだんと他の科目にも同じ状態が及んできた。全ての科目がすごく難しくなってきている。授業は完璧に上位30%の生徒に焦点を当てられていたのだから、どんどん置いて行かれる。わからないところがあるままついて行けるような楽な授業ではなかった。

あの高校時代のトラウマから、私は地道な努力ができなくなった。ちょっとでも「わからない」という感覚があると、もうそこでやめてしまう。

もし、あの地学の授業で、素直に「わからない」という意思表示ができていたら。目の前の課題から目をそらさずに克服していたら。他の科目もそうしていただろう。そうしたら・・・・多分人生は違ったものになっていた。

現在も、大きな課題があると何とか見ないようにして逃げようとする自分がいる。「わからない」「できない」というマイナスイメージにすぐ襲われる。それを感じるごとに思い出していたM先生。でも、原因は違った。

「わからない」と言えなかった変なプライドが原因。頭が悪いことを自分でも認めたくなかったし人にも悟られたくなかった。30年間抱えてきたビリーフが書き換わった瞬間だった。

それとともに、NLPを学ぶ意味、だんだんわかってきたように思う。

|

« コミュニケーションのスピード感 | トップページ | キャリアデザイン講演&取材 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

NLP」カテゴリの記事

コーチング」カテゴリの記事

コメント

こんなにありのままのご自分を気前よく見せられるじぇらーとさんって、とってもグレート!めっちゃ尊敬します☆

投稿: アニマル谷口 | 2005/04/18 07:19

じぇら~とさん、お忙しいのに、お仕事もNLPもがんばっていらっしゃいますね。
私も1月ごろ、大阪のマスターコースで、ビリーフの書き換えで目からうろこが
いっぱい落ちて、感動しました。
上位概念から書き換わると、がらがらと一気に変わりますよね。
ちょっと忘れかけていたので、久しぶりに思い出しました。
きっかけをいただいて、ありがとうございます!

投稿: まこ | 2005/04/18 11:57

じぇらーとさん、遊びにきました♪

私も5月から本格的にNLPに取り組みます。
じぇらーとさんの記事を読み、ビリーフの書き換えは、怖いけど、チャレンジしてみたいと思いました。

私もきっと、思い込みがたくさんあるんだろうな・・・

投稿: アミーゴ | 2005/04/19 13:59

アニマル谷口さん
そう仰っていただけると嬉しいです。
ありがとうございます!

まこさん
ビリーフ書き換えは感動ものですよね。
大きな変化はありました?
私はまだ二日なのですが、着実に違いが起きています。

アミーゴさん
いらっしゃいませ~♪
NLP始められるんですか。楽しいですよ。
また共通項が増えますね。嬉しいです!

投稿: じぇらーと | 2005/04/20 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NLPを学んで1年:

« コミュニケーションのスピード感 | トップページ | キャリアデザイン講演&取材 »