« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

FP協会講演

FP協会東京支部研修会で講演。

数ヶ月前に、「FP協会の支部勉強会でスピーカーとして1時間くらいコーチングの話をして欲しい」と言われ、ホイホイとお引き受けした。会議室みたいなところでこぢんまりやるのかとイメージしていたのだが、全く違った。

参加者約300人で会場はホール。もうお一方の講演者は多摩大学大学院客員教授の紀平先生。ロープレだってプロの役者さんが演じ、それについてコメントすることになった。

講演するのは好きなのだが(決して上手くはない)、大規模なものとなるとやはり心構えがちょいと違う。着るものだってダークなビジネススーツというわけにはいかない。

続きを読む "FP協会講演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/28

頭痛に効くハーブ

夏は苦手。何しろ身体がだるい。おまけに偏頭痛の頻度も増す。今月は頭の痛い日がかなり多い。

今日もそんな日。寝込むほどひどくはないけれど、一昨日からの頭痛が鎮痛剤を飲んでも全然抜けない。生あくびばかりで仕事ができないぞー。。。

結局いつものマクサルトで退治したのだが、こんな風に薬ばかり飲んでいたらどうなるんだろう? と不安になる。

そこで思い出したのが、 「頭痛くらいで病院に行こう」 に載っていたハーブの話。

続きを読む "頭痛に効くハーブ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2005/07/26

2冊目出ました!

Coaching  やっと出ました!

 「強い営業店をつくる~今日からやろうコーチング!」

 まだ書店のウェブには出ていないようですが、そのうち載るでしょう。 

 金融専門の出版社さんなので、一般の本屋さんには並ばないかも知れませんが、大きな書店の金融コーナーには置いてあると思います。見つけたら手にとって見て下さい。マンガやイラスト満載の、楽しくて実践的な本になっています。

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

2005/07/25

月刊経理ウーマン

  0508keiri-top         「月刊経理ウーマン 8月号」(研修出版刊) に「『口ベタだっていいじゃない!』と思えるコミュニケーション養成講座」関連の取材記事が掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/21

試練を乗り越えた

難しいと思っていた研修で試練が・・・・・。このまま進めるとぐちゃぐちゃだ。。。。。

昼休みひとりでお弁当食べながら、自分のBeing(自分の立場におけるスタンス&相手を信じる)を再確認。みんなへの期待も再確認。一人きりの部屋で瞑想して、深呼吸して、そもそも論に立ち返った。

そして・・・・迎えた午後。コーチング、NLP・・・・私の持てるリソース、そして、確認した
Being で向き合った。

すると・・・・ミラクルが起こった! 全員が自分軸をしっかり持ったし、お互いの知恵を活かし合ったし、思いもよらない前向きな気持ちやスタンスが生まれた。感激した。本当は心にぐっと来て涙が出そうになったけれど、場の雰囲気を考えて堪えた。

この仕事、最高! と思った瞬間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/19

思いがけない言葉が・・・・

最近、コーチングをやっていて面白い現象に出会っている。

セッション中に未だかつて意識に上らなかった言葉(またはその種類の言葉)を話されるクライアントの方が多くなったことだ。具体的な事例は書けないのだが、例えば、超理論派でとても現実的な考え方をする方が「愛」「宇宙」のような言葉をいきなり口にする、というようなこと。

クライアントの無限の可能性を感じて、私も一瞬空中に浮いてしまっているような感じがする。ご本人もかなり驚く。

続きを読む "思いがけない言葉が・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/18

自分のことを話すと

NLPマスターコースに参加。仕事の合間に参加するのがなかなか苦痛で、いつリタイヤしようかと考えていたのだが、なぜか今回は気持ちが乗っていた。折角のチャンス、きっと何か得られるものがあるに違いないという心境。有り難いことに体調もよい。

ここでは、自由にみんなの前で話して良い時間がある。前回のセミナーを終えてから身の回りに起こったこと、感じていること、テーマは問われない。時間も自由(といっても、最長10分くらいかな)。私はあまり自分のことを人前で話すことが心地よいタイプではない。聴き手に役に立ちそうな話なら別だが。

今年1月に「口ベタだっていいじゃない」が出版された時、何人もの仲間に「みんなに話したら?」と言われた。その後も言われ続けた。でも、これはNLPを勉強する前にすでに書いてしまっていたもので、この場には関係ないこと、と思い、話していなかった。

続きを読む "自分のことを話すと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/07/16

「今」を生ききる

アメリカのコーチ、ハナーテ・デ・アンジェロさんの講演会出席。

「Successful Life を生きるための秘訣」

感銘を受けた。別に初めてのことというわけではないが、改めて大切なことを確認させていただいた。特に印象に残ったキーワードを記しておく。

○「今」を完璧に生ききったら「FAIL」はない。

特に3つ目のキーワード、「『今』を完璧に生ききると『FAIL』はない」にはハッとさせられた。

続きを読む "「今」を生ききる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/15

学生になりました!

25年ぶりに学生証を持つ身分になった。大学の通信教育課程に編入(といっても書類選考のみ)し、経営を基礎から学ぶことにした。

書類が届き始め、履修登録をし、学習計画(通信なので自分で考えなければならない)を立てた。経営中心に、「人」に関する心理学系も積極的に学びたい私、あれもこれもやりたい。しかし、履修登録できる単位には限度がある。あれこれ組み合わせを考え、来年にまわすものも出てきた。

仕事との両立を考えると、そんなにたくさんできるはずはない。レポートもスクーリングも試験もある。本当にできるのかなあ? でも、無理かもと思っていた本も何とか書けたし、大丈夫でしょ、と、かなり楽観的。仕事のスケジュールの隙間に「試験」って書き込むのも何だか嬉しい。

続きを読む "学生になりました!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005/07/11

薬飲み合わせ

先週に引き続き今日も頭痛で撃沈(-"-;)

ノルウェーから来日したコーチの講演会に行き、そこで久しぶりにコーチのお友達とも会って嬉しい気持ちになっていたのに・・・・。

いつものように「イブ→マクサルト→回復」の予定だったのだが・・・・・、マクサルトが効かない! 実は先週も効かなかった。

いつまでたっても、脈打つたびに頭がズキンズキン・・・・・今日のは重症で起きあがれない。今日は外でのアポはなかったものの、やらなければならない仕事がいくつも・・・。

続きを読む "薬飲み合わせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/07

体感覚のドライバー

仕事先から甲府駅に向かうためタクシーに乗った。運転手さんとおしゃべり。

善光寺の前を通ったときに「大きいですねえ」と行ったところ、どうやら彼の感性にハマってしまったらしい。長野の善光寺よりも100年も古いことや、その中にある宝物や観音様の話など・・・・とても詳しい。そこから武田信玄の話になり、どんどん進む。

問題は、彼の代表システムが体感覚だったこと。体感覚の人の特徴は、ずばり「ボディアクション」。

この運転手さん、話に必ず手の動きが加わる。片手ならまだしも、話しに乗り始めるとハンドルから両手が離れる。

信玄直筆の風林火山の旗の話とか、小指ほどの黄金の観音様の話とか、全部両手によるアクションつき。スピードちゃんと出しているからかなり怖い。相づち打ちながらも、私も一緒に運転している気分で前方チェック。話は上の空。

20分ほどのことだったが、ぐったり疲れた。

体感覚のドライバーのみなさん、気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/07/05

バタバタした一日だったけど・・・

一日頭痛で寝込んだお陰で仕事が溜まった~(-"-;)

昨日は、朝からバタバタと仕事をし、お昼前に打ち合わせに。初めてお会いするお客様と資生堂パーラーにてビジネスランチ。ここで食事をするのは10年ぶりくらいなのだが、すごく美味しい。さすが老舗だ。

その後、会社に移動して詳しい打ち合わせ。お客様の「人」に対する想いが伝わってきて結構感動。こんなに社員のことを真剣に思う育成担当の方っているのねえ。。。。私も全力を尽くさねばと決意。

もう一件用事を済ませた後に、Rinkaさんの展覧会へ。

続きを読む "バタバタした一日だったけど・・・"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005/07/02

素晴らしい病院

某県にある県立病院お友達の見舞いに行ってきた。HPから、すごい施設なのだろうと予想はしていた。本当にすごかった。

かなり大きな規模なのだが、まるでホテルのような、高級リゾートマンションのような建物。タクシー降り場には音声による内部の案内もある。中に入ってもまるでホテルのフロントのよう。広くて明るくて・・・・病院特有の暗さがない。深呼吸したくなる空間。どこがどこだかわからずキョロキョロしてしまう。

まずは総合案内へ。受付の女性の感じの良いこと! 

無事、病室に到着したのだが、またそこの受付さんが最高に優しい。

続きを読む "素晴らしい病院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »