« 福岡のスペイン料理 | トップページ | NLPが染みついてきた »

2005/09/20

五嶋龍のオデッセイ最終回

毎年夏楽しみにしていた「五嶋龍のオデッセイ」最終回を観た。NLPマスターコース第9回目2日目。絶対に録画に失敗してはならぬ、と朝何度も取説を見ながらDVD録画の予約をセット。

マスターコース終了後、来週からスタートするプラクティショナーαコースのアシスタントミーティング。それを終えて10時に帰宅し、シャワーを浴びてからビール片手に鑑賞。

いやー、またまた感動しました。

龍君が一年でまた大きくなって、というより立派になって。。。小さな男の子が素敵な若者に成長。どんどんプロになっている。

今回は残念ながら10年間にわたるシリーズ最終回。お父さんが、「メディアを通じて多くのコミュニティーに見守って頂いた」と言っていた。

うんうん、おばさんはしーっかり見守っていました。

もうこうなると、ご近所のおばさんか親戚のおばちゃん状態。「龍ちゃん大きくなったわね~」と。自分が育てたわけでもないのに、よくぞここまで・・・なんて感動している。

それとともに、男の子って面白い! とも感じている。私には子供がいるわけではないものの、私は2人姉妹の長女だったし、妹の子供も女の子。正直よかったと思っていた。

だって、男の子は、最初は可愛いけれど、やんちゃで扱いが大変だし、声変わりして髭が生えてきて・・・中学生ぐらいになると何だか不潔になるし。。。。気持ち悪い~と思っていた。母ともそんな会話をした記憶がある。

しかし、この番組を観て、考え方が変わった。男の子には、女の子にはないスケールの大きさがあってそれをうまく伸ばせば想像以上の成長があるようだ。もちろん、それをやってきたあのご両親が素晴らしいのだけれど。。。。。。
自己アイデンティティーをしっかり持った両親が子供を育てるからこそああいう子になる。そうじゃなきゃ、あんな親子関係はできないし、子供も自立できなくなる。

時々息子さんを恋人に向けるみたいな眼差しで見つめるお母さんにお目に掛かる。「大丈夫かなあ・・・」と内心思っていたのだけれど、その気持ちがほんのちょっとだけわかったような気がする。ここで自分の感情をコントロールして、きっちり手放すことができるかどうかが大切なことなんだろうなあ。

番組は終わってしまったけれど、今後も陰ながら五嶋龍くんを応援し続けようと思っている。

|
|

« 福岡のスペイン料理 | トップページ | NLPが染みついてきた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。クララです。
オデッセイで検索して、遊びにきました。
オデッセイのような番組を見ていると、
龍君とその御家族を思わず応援したく
なっちゃいますよね?共感しながら
読みました。

投稿: クララ | 2005/09/24 06:19

クララさん はじめまして!

同じお気持ちの方がいらしてうれしいです。
ホントこれからもがんばってほしいですね。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2005/09/24 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60841/6029018

この記事へのトラックバック一覧です: 五嶋龍のオデッセイ最終回:

« 福岡のスペイン料理 | トップページ | NLPが染みついてきた »