« 交流分析を学ぶ | トップページ | 学習計画 »

2005/10/03

バリ島のテロ

また痛ましいテロが起きた。バリ島には行ったことがある。きれいな海も思い出深いが、街にいるおじいさん顔のサルやラフティングをしたときに見た本当にのどかな風景が今でも目に浮かぶ。

51歳の方がお亡くなりになった。勤務先が八戸大学という。そんな大学があったんだなとテレビを観ていたら、コメンテーターの1人が「東京銀行出身の方が学長で・・・」と発言。「えっ!?」と慌ててサイトチェック。

すると学長の蛇口さんの写真。元上司だった。多分某支店にいたときの支店長だったと思う。全くガツガツしていなくて温厚な支店長。部下の評判はとてもよかった。ご出身は八戸。だから、退職後この職に就かれたのだろう。きっと今は蛇口さんを含めみんながショックを受け、大変な状況になっていることだろう。

亡くなられた方は再婚という。奥さんは42歳。この年齢のカップルだと、若い頃のような打算的な考えは皆無で、温かい愛情だけがそこにあったに違いない。本当に気の毒でならない。

こんな世界、いつまで続くのだろう。

|
|

« 交流分析を学ぶ | トップページ | 学習計画 »

事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60841/6230912

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島のテロ:

» バリ島でまた自爆テロ [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. バリ島でまた自爆テロ読売新聞から: インドネシア・バリ島の連続爆弾テロで、同国の国家警察は3日、自爆テロ犯と見られる3人の身元割り出しを軸に、事件の全容解明に向け本格捜査に着手した。 国家警察は、現場に残されていた実行犯の遺体の顔写真を公...... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 14:29

« 交流分析を学ぶ | トップページ | 学習計画 »