« ネット書店の不親切 | トップページ | バリ島のテロ »

2005/10/02

交流分析を学ぶ

今まで何度となく触れてきた交流分析(TA--Transactional Analysis:精神分析手法のひとつ)であるが、かなり以前の出会いの印象があまりよくなくて、きちんと勉強しないできた。

ここのところ、仕事でどうしてもTAに結びつけて話さなければならない機会が出てきて、その都度本を読んだりDVDを観たりと付け焼き刃。しかし、どうもピンときていない。

お仕事のパートナーMさんのご紹介で勉強会に参加した。講師は矢加部幸彦先生。かなり身内の勉強会であるため参加者は9名。青山のこじんまりとしたサロン風の一室での受講。

矢加部先生はとてもフレンドリーで穏やかな方。もともと心理学には興味があり大学で学びたかったがご家族に反対され工学部に。そして一般企業に就職。そしてたまたま担当することになった人材開発で再び心理学系のものに触れる。そして、そこで昔学びたかった心理学にまた興味を持ち、現在はセラピストになられている。

ゆっくりとしたテンポでTAの概要から説明がある。私の疑問は「交流分析って何なんだ?」ということ。交流の分析も理解できるし、エゴグラムもわかる。でも、そもそも論をわかりやすく教えてくれた先生はいなかったし、教材もなかった。このそもそも論がわからないとその後何を学んでも身にならない。矢加部先生の説明で長年の疑問が解消された。

そして、エゴグラムを使っての自己理解、対話交流の説明。そこで、一日が終わってしまった。少人数だったので、今までの疑問を全て質問。何だかよくわからなかったことがきちんと理解できた。よかった。

ご一緒した皆さんもフランクな方ばかり。お弁当&おやつタイムも楽しく過ごすことができた。スケジュール上参加できるかどうか不安だったのだが、頑張って参加して本当によかった。

先生&勉強会を主催して下さったSさん&Hさん ありがとうございました。

|
|

« ネット書店の不親切 | トップページ | バリ島のテロ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60841/6211726

この記事へのトラックバック一覧です: 交流分析を学ぶ:

« ネット書店の不親切 | トップページ | バリ島のテロ »