« 久しぶりのパーティー参加 | トップページ | ありゃりゃ »

2005/12/12

手術

今日は妹が手術を受ける。腹腔鏡(ちゃんと発音出来ない・・・)での手術で開腹しない。4-5本器具をお腹に刺して手術するそうな。もしそれでダメだったら、改めて開腹手術をするとのこと。

25年以上前、同じ病で開腹手術を受けた母は「そんな面倒なことしないでさっぱり切っちゃえばいいのにねぇ」と何度も言っていたが、妹は身体に負担の少ない腹腔鏡を選んだ。手術後、ひどい痛みはあまりないそうで数日で日常生活には戻れるとか。医学は進んでいるのねえ。

昨日夜はお友達のRinkaさんがフジテレビの「スタメン」に出られていたのでチェックしつつ、TBSの情熱大陸を観た。南和友さんという心臓外科の名医。素晴らしい技術を持ちながら患者さんを「人間」として大切に扱っている姿勢に感動した。そして、手術中に心臓を直に手で触ってすぐに患部を見つける。医療の基本ってやっぱり触診なのかもなあ・・・。

手術に耐えるからだ、手の動きをしなやかにするための筋肉をつけるためにジムで身体を鍛えている。すごい。。。。。。

妹も病院や先生を吟味して選んでいた。こういう良い先生でありますように。

|

« 久しぶりのパーティー参加 | トップページ | ありゃりゃ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

妹さんのめぐり合った先生がどうか良い先生でありますように☆

>医療の基本ってやっぱり触診なのかもなあ・・・。

そうですね。
ぼくは赤ちゃんが母親に触れるみたいに、人の基本ってやっぱり触れ合うことなのかなあ・・・って、感じました(⌒-⌒)
では。

投稿: 水田画生 | 2005/12/12 12:32

やはり腕がいいだけでなく、いろいろないみで耳を傾けてくださる先生がいいと思いますよ。
医療現場でも「俺は医者」という先生は嫌われてますから。。。

投稿: kimichisa | 2005/12/12 13:20

妹さんの術後のお早い回復をお祈りいたしております!

>手術に耐えるからだ、手の動きをしなやかに>するための筋肉をつけるためにジムで身体を>鍛えている。すごい。。。。。。

コーチとしてのBeingについて考えさせられますね。。。
最近はまず自分がハッピーで楽しんでいることが大事♪と自分に言い聞かせてます。
ついついがむしゃらに突っ走る傾向があるので(^^;

投稿: ショウコ | 2005/12/12 14:23

私も、腹腔鏡を受けたことがあります。
私の場合は検査だったんですけどね。
主人は、胆石の手術を、これで受けました。

結論としては、開腹手術より簡単だったということ。
1日目で歩けるし、術後の回復も早く、入院期間もかなり短縮されました。
何より、傷が小さくてすみました。

身内が病気になるのは、心配ですよね。
早いご回復をお祈りしています。

投稿: とも | 2005/12/12 21:23

先日のご家族(ですよね)とのお別れもあり、またご病気とのこと、ご心痛お察しします。
一日も早く、ご家族皆さんが落ち着かれますように、願っています。

投稿: もとこ | 2005/12/12 22:13

術後の様子はいかがですか?
ご心配ですね。

腹腔鏡なら回復はかなり早いはずです。
痛みも少ないし。

順調な回復をお祈りしていますね。

>医者を選ぶ
この姿勢ってとても大事だと思います。
なんでもそうですが、特に“先生業”は、その名前だけで上下の関係が出来てしまいやすいですよね。
私だったら共に解決するという姿勢の先生が嬉しいです。

追伸:私のブログのお気に入りに追加させていただきました。

投稿: 大島佳子(楽天lavanell) | 2005/12/13 03:28

ご紹介ありがとうございます!
素晴しい在り方の先生ですね。
そのプロ意識に尊敬しちゃいました。

妹さんの早いご回復をお祈りしております。

投稿: Rinka* | 2005/12/13 22:38

みなさま
おかげさまで妹の手術は終了し、順調に回復しております。あたたかいメッセージをありがとうございました!

★水田画生さん

>ぼくは赤ちゃんが母親に触れるみたいに、人>の基本ってやっぱり触れ合うことなのかな
>あ・・・って、感じました(⌒-⌒)

コメントありがとうございます。
ふれあい、大切ですよね。私も最近特に感じていて許される範囲でコミュニケーションに取り入れています。

★kimichisaさん

コメントありがとうございます。

>医療現場でも「俺は医者」という先生は嫌わ>れてますから。。。

そうなんですね。だからそういうお医者さんは減ってきているのでしょうか。

★ショウコさん

>コーチとしてのBeingについて考えさせられま>すね。。。

いやー、ホントにそうなんですよね。
私は、こんなにダラけていてはいけない! と思ってはいるのですが・・・・・・。

★ともさん

ともさん、そしてご主人もご経験者なのですね。妹はもうパタパタと歩いているようで、本当に負担が少なくてびっくりです。開腹じゃ考えられないですよね。

★もとこさん

そうなんですー。家族がひとり(?)減っちゃったので寂しいんです。妹に対する心配も増長したような気がします。

★大島佳子さん

ほんとうですね。腹腔鏡のすごさに驚いています。
お気に入りに入れていただいてありがとうございます。私もlavanellさんの日記リンクさせていただきますね!

投稿: ちょこじぇらーと! | 2005/12/13 22:39

★Rinkaさん

ありがとうございます。
プロ意識・・・我が身を省みてしまいます。。。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2005/12/14 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術:

« 久しぶりのパーティー参加 | トップページ | ありゃりゃ »