« 今年も成長します! | トップページ | スクーリングに行ってきた »

2006/01/05

本物のプロ

古畑任三郎シリーズにイチローが出ていた。それも犯罪者役という重要な役どころ。最初から最後までずっと出番あり。

どんなもんだろう。。いくら本人役といってもねえ・・・と思っていたが、実際は素晴らしい出来だった。びっくりした。

これだけの出来にするのにどれだけ努力したのだろうか。最初の台本読みの時に既に台詞を全部憶えてきたらしい。

イチローに限らず、一芸に秀でる人というのは、何に対しても真剣で質にこだわり、並大抵ではない努力をする。

天才バイオリニストの五嶋龍君も学校の成績は常にトップクラスでハーバード大に進学。超多忙スケジュールの中、朝4時起きで勉強していた様子が放映されていた。おまけに空手もアメリカ代表に選ばれるほどの腕前。

SMAPの草なぎ君も韓国語を勉強して流暢に話せるようになっていた。これも凄まじい努力の結果。

プロとして素晴らしい結果を出す人というのは、元々の才能や能力があるのはもちろんだが、決してそれだけではない。人並み以上の努力ができるという強みがある。そこに至るためには、根性、忍耐力、こだわり、持久力、体力等が必要。何に対しても努力できるということ、これこそがもしかして才能なのかなあ。

勉強やエクササイズなど、ちょっと疲れていたり眠かったりすると、「ま、いいか」なんて怠けて寝てしまう私、これじゃあだめですねえ(笑)。

|

« 今年も成長します! | トップページ | スクーリングに行ってきた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

 ちょこじぇらーとさん

私もびっくりした一人です。
まさに本物のプロ魂を見せてもらった気分でした!
五嶋龍さんが空手とは初耳でした。
ほんと、一流のひとは、何をやっても一流ですね~。

投稿: odamiコーチングカフェ | 2006/01/05 23:02

はじめまして。


僕もビックリしちゃいました。
まさかイチロー選手にあんな隠れた才能があったなんて・・・。
「一芸に秀でる人というのは、何に対しても真剣で質にこだわり、波炊いてではない努力をする。」けだし、その通りかと思います。
僕のような凡人はぜひとも見習わなくてはいけないですね。

投稿: ケロ太 | 2006/01/06 00:15

odamiコーチングカフェさん

odamiさんもご覧になっていたんですね!
すごいですよね、本当に。


ケロ太さん

私もここは見習わねばと思っているところです。でも、なかなか難しいんですよねー。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/01/09 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本物のプロ:

» ジョセフ・ファインズに激似のイチローが古畑でイチローを演じる... [なりぽん@厭離庵]
イチローがドラマ・古畑任三郎SPで役者デビューをした。昔、映画‘恋におちたシェイクスピア’を観たときに、やけにイチローに似ている役者が居るなぁと思ったことがある。ジョセフ・ファインズという俳優だ。その後、ちょいエロの‘キリング・ミー・ソフトリー’も観た...... [続きを読む]

受信: 2006/01/05 23:10

« 今年も成長します! | トップページ | スクーリングに行ってきた »