« やったー、金メダル! | トップページ | 週末(NLPマスターコースなど) »

2006/02/25

寂しい親子

山手線に乗りドアの近くに立っていた。某ターミナル駅で目の前に中3か高1ぐらいの制服姿の女の子が乗り込んできた。その横に女性も並んで立った。するとその女の子が女性に言った。

「そこに立つとうぜーんだよ」

は????なに、これ???? 目がテンになった。

女性はおとなしく女の子の後ろに。どうやらその女性は母親らしい。学校行事の帰りみたい。

親に対するこういう言葉遣いを許すわけ? 絶対変だ。

母親を見ると、自信なげな表情。母親が気を遣って「荒川さんって背が高いのよねー」と話しかけると

「何言ってんだよ。聞いてねーよ、そんなこと」

この時点で吐き気がしてきた。母親をカリブレーションすると、明らかに娘の反応にビクビクしている。

そんな不愉快なやりとりが続き、とうとうこんなことまで。

「うるせーんだよ、死ね!」

私もここでさすがにブチ切れそうになった。母親はまだ娘に気を遣っている様子。何で娘にこんな言葉を言わせて黙っているんだろうか? たとえ「親にそんな口きくんじゃありません!」とその場で張り倒したとしても、誰も非難しないだろう。そこまで思うひどいやりとりだった。

いい加減にしなさいよ!という気持ちを込めてその娘をじっと見た。そんな口をきいている娘、かなりひどい人相だ。かわいくないどころかかなり醜い顔。するとその娘、母親に言った。

「ばばあになるとシワが増えていやだよねー、くそばばあ」そして舌打ち。「くそばばあ」は私のことだ。

母親は「シワはあなたにもいつか出るのよー」と弱々しく答える。

あなたがダメなんだ! そんな反応しかできないなんて。

彼女を見ると目を伏せる。

私はその娘をもう一度見て、そして目で伝えた。

「私はあなたよりシワはたくさんあるけれど、今のあなたは私の100倍ブスだよ!」

ある駅につき、彼女は私の鞄にわざと身体をぶつけて降りていった。母親はひょこひょことサーバントのように追いかけていった。

ため息が出た。お母さん、もっと自信持ってよ。

こんな娘がこのまま大きくなってまた母親になり次の世代を育てるのかと思ったら怖くなった。

中高生の頃、私だって母にひどいことを言いたいと思ったことがないわけではなかった。しかし、そんなことしたら、何倍ものこわーい返礼がある。そして、それだけでなくて、母は絶対的に偉い存在だったし、いざというときには絶対に私を守ってくれる人だと思っていたので、傷つけることは言えなかった。時代が違うと言われてしまえばそれまでだし、子育てをしていないあなたにはわからないと言われるかもしれないが、最近子供がおかしくなっているのは、やはり親子関係が大きな要因なのではないかと考えざるをえない。

実に不愉快な体験だった。ちなみにこの娘の制服は私立のもの。塾通わせて受験させて、これでは何の意味もない。またため息。

|

« やったー、金メダル! | トップページ | 週末(NLPマスターコースなど) »

教育」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

電車で見かけた同年代の娘と養護学校に
通う息子のハハです。
もしも、娘や息子がこのよーな口を
立たいたら、遠慮なくぶったたきます。
(暴力的な表現で申し訳ありません)
尊敬しろ、とは言いませんが、そんな
口の聞き方は絶対許しません。
ちなみに下の子は使い分け、というのは
ちょっと難しい状態ですので、教える時には
ですます調で教えています。混乱しないように。
が、事情をよく知らない方は、息子の丁寧口調を
聞くと、親の私がえらい厳しいしつけをしている、
と誤解されてしまってます(苦笑)
そうそう、息子の元担任、ものすごぉ〜く
厳しい先生で、親や先生にそんな口調で
言ったら、厳重注意&説教でしょう。

最近、つくづく思います。普通の学校って、
優しいのね。たかだか13歳ですで社会に
出た時の為の準備をしている息子って。。。

横レス、失礼いたしました。

投稿: RINRIN | 2006/02/27 17:24

RINRINさん はじめまして

そうですよね。
絶対ゆるされませんよね。
同意していただき安心しました。

息子さんにきちんとした言葉遣いを教えられるのは大切なことだと思いました。大人になって丁寧な言葉を話してマイナスになることはありませんよね。RINRINさんもきっとお子さん達に丁寧に向き合っていらっしゃるのだろうなあと思いました。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/02/28 15:22

この日記を読んで、中学時代の同級生を思い出しました。

その子(女の子)は、父親が再婚して、継母と暮らしていました。
毎日、シワシワの制服を着ていました。
「継母がアイロンがけをしてくれない。」と全身で表現していました。

その子の継母に対する、幼稚な抵抗だったのだと思います。

上の日記の寂しい親子は、そういう関係かもしれません。
そう考えないと、母親の自信のなさが、理解できないです。

投稿: あやまなママ | 2006/02/28 23:27

あやまなママさん

そうなのかも知れませんね。
精一杯の抵抗をしていたのかも・・・とも考えられます。でも、あまりに酷かったなあ(笑)。
あの女の子のご両親(たとえ何らかの事情があったとしても)が子供のメッセージをきちんと受け止めて毅然と改善に向けて進んで欲しいなあと願うばかりです。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/03/02 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寂しい親子:

» 大抵の親は,不完全だから. [元気に愚痴る♪]
haruさんの『三つ子の魂百まで?』というエントリーを読んで,たいへん共感した私 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 22:25

« やったー、金メダル! | トップページ | 週末(NLPマスターコースなど) »