« どのように生きようか | トップページ | 秋の1日(1) ドラムサークル »

2006/10/07

やっぱりピアノが好き

2週間前から再開したピアノ。最近は家に帰ってくるとまずピアノの前に座ってちょこっと基礎練習をするというようになった。出張中、講師控え室にいる時やホテルでも、指の練習をしてみたりしている。

ある程度までタッチをコントロールできるようになったらレッスンに通おうと思っているが、まだまだ遠い道のり。最初の1小節目が気に入らなくてそこを何度も何度も弾き続けていることもある。「何でこんな簡単なことができないの!?」と腹が立ってくる。一度衰えた機能を取り戻すのは本当に大変だ。

「スケールの練習→ハノン→ピシュナ」 とやり、その後、「クラムマー・ビューロー60練習曲」へと進む。練習曲は「ツェルニー40番」をやった方がいいのかもしれないが、以前はこれをやっていたのと音楽的に楽しさがあるのでこっちにする。

ここまでやったら、今度はお楽しみチャレンジ曲。練習する曲を絞っていなくて以前弾けたものをあれこれ弾いてみているが、当然全部ガタピシ。ひどい状況。

譜面には昔の先生による書き込みがあったりして懐かしい。18歳か19歳まで細々と習っていたと思うのだが、最後に人前で弾いたのは何だったのだろうか? 多分高校生の時に「ショパンの幻想即興曲」か「ベートーヴェンのソナタ『悲愴』」を弾いたような記憶がある。その2つの譜面には先生の書き込みも多いし、頁もヘロヘロになっていていかに弾き込んでいた形跡あり。

どこかのピアノ教室に入ったら、発表会でこのどちらかを弾くことをまず目標にしたい。というわけで、明日あたりからこのどちらかをゆっくり練習することも始めようと思う。

こうやって下手くそなピアノを弾いている日々だが、とても楽しい。仕事の時間を奪っているのは確かなのだが、おかげで仕事がひどく滞っているというわけでもない。結局やればできるというわけだ。精神的には非常に穏やか。人間好きなことのをやるためには時間をやりくりできるものだということを発見した。

子供の頃、ピアノの発表会には毎年出ていた。あの雰囲気が大好きだった。終わった後の爽快感も忘れられない。考えてみたら講演の瞬間と似ているかも知れない。スポットライトを浴びる瞬間の何とも言えない快感は潜在意識下の昔の感覚としっかりリンクしている。

発表会、恥ずかしいのでこっそり出るつもりだが、数年のうちに必ず出る(≧∇≦)♪ 

何着ようかなあ。痩せておかなきゃなあ・・・ムフフ。楽しい。

|
|

« どのように生きようか | トップページ | 秋の1日(1) ドラムサークル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

自分にとって楽しいこと、自分を喜ばせること。
それがあるからお仕事も順調に回るのでしょうね(^^)/

そういや最近、ギター弾いてないな....(^^;

投稿: Tazya@Awakeners | 2006/10/08 10:50

小さな頃楽しんでいたピアノの再開、
ステキですね!

好きなことのためなら時間を作れるって、
ほんとにそうだと私も思います。

ギターも弾けるんですね!
意外な一面♪

投稿: もー | 2006/10/08 18:56

>Tazya@Awakeners さん

自分を喜ばせること、絶対に必要ですよね。
Tazyaさんはギター派ですね。いつかセッションしたいですね~。


投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/10/09 13:39

>もーさん

ありがとうございます。
ギターはダメなんです~。
昔「禁じられた遊び」にチャレンジしましたが挫折しました。弦楽器はどうも向いていないみたいです(笑)。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/10/09 13:40

ちょこじぇらーと!さん>
フォーク、ロック、ニューミュージックの類でしたら、
幅広くお相手できるかと思います(^^ゞ

# 「禁じられた遊び」は、私も弾けません(^^;

投稿: Tazya@Awakeners | 2006/10/09 18:25

>Tazya@Awakenersさん

いいですね~。私が復活できたらやりましょう。
「禁じられた遊び」は難しいですよね~。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/10/10 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どのように生きようか | トップページ | 秋の1日(1) ドラムサークル »