« 今年最後の(?)偏頭痛&ラフマニノフ | トップページ | ナベツネさんの「私の履歴書」 »

2006/12/31

全日本フィギュア生観戦

一昨日わざわざ名古屋まで全日本フィギュアを観に行ってきた。これで今年はフィギュアスケートを3回生で観た。

多分当たらないだろうなあとプレオーダーの抽選に申し込んでみたのが大当たり。29日という日程を考えて、ちょっと迷ったが、そうない機会なのでもう行くしかないと。

結果、行ってみてよかった。狙っていた女子FSの有名選手達は夕方5時ごろから出てくる。しかし、開演は11:50a.m.。つまりそれ以外の競技や行事があってそれも観られる。「折角なら朝から行こう」と帰省の皆様と一緒に新幹線に乗り込む。

スケートリンクというのはとにかく寒い。そこに8-9時間いるわけなので防寒対策を完璧にした。超厚着とホカロン、膝掛けは当然。そしてmixiのコミュニティーで「ポット持参がよい」とあったので、これを採用。名古屋のスタバでポットにいっぱい紅茶を詰めてもらい持って行った。これは大正解。身体が冷えてきたなあ・・・と思っても熱々の紅茶であったまることができた。mixiさまさまである。

さて、11:00a.m.前に入場したところ、女子FS最終グループの公式練習をやっていた。これはすごい。6人がリンクにいて、次々に曲がかかる。それに合わせて本人は最終調整をし、他の人は自分の練習をする。真央ちゃんはかなり調子良さそう。美姫ちゃんもビシビシジャンプしていたが、あとはコーチと話していた(あとから考えれば怪我していたからかも)。それにしてもよくぶつからないものだ。視野が広いなあ。お客さんはまだパラパラ。でも、ジャンプが決まると拍手が起こる。練習が終わると、ひとりひとりがちゃんとお客さんに挨拶して引き上げる。これ見ただけでも早く来た甲斐あった。

その後はシンクロナイズドスケート。これは珍しいがなかなか面白かった。そしてアイスダンス。注目したのは2位になったリード組。美しい~。足が長~い。これは今後期待できそうだ。

その後表彰式やら何やらあるのだが、とにかく待ち時間が長い。観客が主役ではなくあくまでも競技会なのだから当然だけれど、結局読書、読書、読書・・・。パソコン持ってくれば仕事はかどったのになあ・・・。

16:00頃から女子FS第1グループスタート。テレビ放映されるのは第3グループからで、観客もそんなに入っていないため静か。見たことがない選手がどんどん滑るのだが、思っていたよりみんな上手い。トリプルジャンプ、トリプルからの連続ジャンプどんどん飛ぶ。レベル高いなあ。

見ていて面白かったのがジャッジとコーチ陣。テクニカル面をチェックする人は、ずーっと技のレベル判定をし続けて画面にタッチし続けている。24人の演技をずーっと見続けて判定し続けるのはかなり大変な作業であろう。

コーチは有名人がズラリ。中でも佐藤信夫さん、久美子さんは、「また佐藤組?」と思うくらいしょっちゅう出てくる。こんなに多く実力者を抱えていてわけわからなくならないだろうか? 

第3グループからはフジテレビの一団が入場。荒川さん、八木沼さん、ポエムアナ、国分くん。観客がどんどん集まる。みなさん有名人好き。お隣さんも「国分くんだ!」と大喜び。スポーツ中継にジャニーズは不要と思うのだが、こういう人も多いので、やはりはずせないのだろう。

VIP席に近かったため、いろいろな人が挨拶に来る。男子の小塚選手、演技が終わった恩田選手、曽根選手なども。皆さん以外に気付いていない。

というように、実際の競技以外にもお楽しみがたくさん。生観戦はやはり価値がある。

注目の最終グループ。会場も一体となって応援。これもなかなか良い。真央ちゃんの時は全員が3Aの成功を祈って緊張していたし、美姫ちゃんが肩の脱臼で演技中断仕掛けたときは会場の拍手が後押しした(演技再開より拍手の方が先だった)。村主選手が真央ちゃんの余韻の残る会場に辛そうな顔をして出てきていて実力を出せなかった様子も手に取るようにわかった。 

演技が終わった45分後に始まった表彰式もちゃんと見て帰ってきた。選手同士がフレンドリーに喜び合っているのを見るのも嬉しい。いやー、面白かった。

|
|

« 今年最後の(?)偏頭痛&ラフマニノフ | トップページ | ナベツネさんの「私の履歴書」 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

うわぁ!生観戦されたのですねー。
きっと臨場感があってよかったことでしょう!

私はテレビで見ながら感動しどおしでした。

真央ちゃんの涙に涙し、
村主さんの痛々しい足のパッドと
ジャンプの不調にハラハラし、
美姫ちゃんが肩をはずして半泣きになって
演技をやめそうになったけど、
最後までやり通したときのオーラは、
去年とはうってかわって一皮向けた強さが感じられ、
「がんばったねぇ」とまた泣きました。

いい試合でしたね。

投稿: もー | 2006/12/31 14:21

★もーさん

ほんと、感動的でしたよー!
ドキドキもしましたが。

あとでテレビ見て、私も改めて泣いちゃいました。


投稿: ちょこじぇらーと! | 2006/12/31 14:54

すごい!名古屋まで行ったんですねぇ!
今回も見所満載って感じだったようですね。
私はテレビも見れてなくて、かなりの欲求不満状態なんです(T_T)
だれか録画してないのかなぁ・・・

投稿: Tomomi | 2006/12/31 15:56

名古屋まで見に行くぐらいですから、ホノルルマラソンも本気なのでしょう。

長距離経験者として、最近は軽いジョギングと、もっぱらウォーキングを趣味としている立場から、1点だけアドバイスを。

ウォーキングにしても、ジョギングにしても、下半身がへばってきた時の支えは、腕です。

長時間の運動を支える握力は、長時間の運動からしか身に付きません。

バーベルや腕立て伏せでは、瞬発力しか身に付きません。

私がやっているのは、ウォーキングの時に、腕振りの回数分、拳を握っています。
1時間で7000~8000歩歩きますから、7000回以上握ります。
15分ごとに手のひらをストレッチして、筋肉の凝りをほぐしながらやっています。

握りながら腕振りをすると、腰のきれも良くなり、ストライドも広がります。

昔、足腰よりも腕の筋肉が硬直して、走れなくなった体験から、今も心がけています。

是非、お勧めします。

最初は200~300回ぐらいで腕がパンパンになりますが、意識的に増やしていくと、すぐに7000回ぐらい平気になります。

実は、この手の筋力は、ボクシングにも、ゴルフにも有効なのです。

因みに、歩く時の腕は曲げずに、自然に伸ばした状態です。

投稿: 十亀 | 2006/12/31 20:19

★Tomomiさん

へへへ、行っちゃったんです(^○^)
ビデオ撮ってありますよ。ダビングしましょうか?


★十亀さん

十亀さん、陸上なさっていたんですか?!
(ランニングなさっている十亀さん、しっかりイメージできます!)
アドバイスありがとうございます。何しろ筋力はないわ、心肺機能は低いわ、で、果たして長距離なんて走れる(歩ける)のか、心配になっていました。
腕とは! 
これから走り初めしますが、早速拳握りながらの腕フリにチェレンジします!
ありがとうございました!
これからもご指導お願いいたします。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2007/01/01 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年最後の(?)偏頭痛&ラフマニノフ | トップページ | ナベツネさんの「私の履歴書」 »