« 不二家・・・・・ | トップページ | 戦争の悲劇~ペットの供出 »

2007/01/21

ウォームアップの大切さ

横浜市スポーツ医科学センターにてSPS(スポーツプログラムサービス)受診。スポーツ版人間ドックである。

自己流でトレーニングしているけれど、果たしてこれがいいのかどうか、そして、自分自身の体はそういうことをやっていいのかどうか、心配だった。このサービスを見つけて、「これだ!」と。

検査はバリウムとか視力・聴力がないだけであとは普通の人間ドックと同じ。そして、最も調べて貰いたかった運動負荷心電図。安静時の心電図で全く異常なかった人がよくマラソン大会で突然死する。原因は安静時のチェックではわからない心疾患が原因とのこと。それをこれで調べる。

心電図の電極と血圧計をつけ、エアロバイクを漕ぐ。だんだんペダルが重くなってきて年齢から割り出した限界心拍数まで上がったら終わり。その間1分ごとに自動的に血圧も測られる。以前には、このチェックで不整脈の発作を起こして心停止した人があったとか。もちろんここは病院なのですぐに治療して事なきを得た。負荷をかけて初めて異常が出たパターン。これをやらずにいきなりマラソン大会なんかに出ていたら・・・・・・。

そのほかに、筋力や瞬発力、柔軟性も調べられた。

食事についてのレクチャーもあった。前もって提出していた食事の内容についてのフィードバックを見ながら話を聞くのでわかりやすい。体重や体脂肪をどの程度まで減らして良いのかという目途を聞くこともできて助かった。ちなみに、男性の場合1桁に落とすと水泳で浮かなくなるので10%まで。女性の場合は18%以上をキープしないと骨密度が低下するので気をつけるようにと。

最後が個別のトレーニング相談。その前に身体や体力に関する4頁ものレポートを渡されているのでどんな状況なのかは把握している。部屋に入るなりまず言われたのが「何でもお好きなものをやっていただいて全く構いませんよ~」とのこと。

私が気になっていたのは心肺機能。というのは、普段走っているとき心拍数がかなり高い。苦しくないのに高いのだ。それなのに、レポートには「持久力がある」と書いてある。

そこで質問してみた。特に、走り始めに心拍数が200近く(時にはそれ以上)になってそれが5~8分続く。その後も望ましい範囲をかなり超えて走っている。

トレーナーの方、レポートを見ながら、「うーん、そんなことはないはずなんですけどね~」。確かに運動負荷心電図では徐々にアップしている。「心拍数200近くというのは危ないですよ」少し考えた後、聞かれたのが

ウォームアップやってますか?

「はい、やってます。家の中でストレッチして走ってます」と言いながらハッと気づいた。暖かい室内から外に出ていきなり走り出していた。

それでしょうかね? 

と聞くと。「多分それでしょう」とのこと。「走る前に3~5分間ウォーキングして下さい」とアドバイスされた。

というわけで、早速実践。昨日は寒い中3分ウォーキングしてから走り出した。

すると・・・・徐々に心拍数が上がっていく。そして、望ましい心拍数でずっと走ることができるではないか。これまでは設定した限界心拍数をずっと超え続け、アラームが鳴り続けていたのに。

結局いつもよりスピードアップして6キロ走終了。クールダウンもきちんと外でやることにした。すると、身体の疲れが違うように思う。ウォームアップ、侮ってはいけないのだ。

SPSを受診して本当によかった。

東京都もこういう施設・サービスをぜひ検討して欲しいものだ。

★ 女性が素敵になるためのブログも書いています
        → http://authentic-style.bonton-international.com/

|
|

« 不二家・・・・・ | トップページ | 戦争の悲劇~ペットの供出 »

ランニング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

すごくしっかり診てもらえるんですね~、参考になりますね。
ラン前後のウォーキング、ついつい時間が惜しくて省略しがちですけど、大事なんですよね。これでカラダが走る準備、走った後のケアをしているんですよね~。

でも冬はウォーク時とラン時で、体の温度が違うからウエアが難しいですよね。

今日は30分弱走れました。調子出てきたかも。

投稿: もとこ | 2007/01/21 21:07

★もとこさん

>でも冬はウォーク時とラン時で、体の温度が違うから>ウエアが難しいですよね。
本当はそうですよね。
でも、私は寒がりなので、ランの時も暖かい格好してやってます。脱いでみて、汗の多さに驚いています。

>今日は30分弱走れました。調子出てきたかも。
よかった! すごい回復ですね ヽ(*´∀`)ノ

投稿: ちょこじぇらーと! | 2007/01/21 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不二家・・・・・ | トップページ | 戦争の悲劇~ペットの供出 »