« アミーゴ2! | トップページ | I 君の想い出 »

2007/02/14

マラソンの障害

時々長い時間を走ることにチャレンジしている。

そこで大きな障害発見。ゆっくり長く走っていると、身体がかなり冷える。すると・・・・・・お腹がシクシクキュルキュルと痛くなるのだ。私はもともと腸が弱い。ゼロ歳児の時にひどくお腹を壊し死にかけた経験がある。現在もほんの少しナーバスになったり、ほんの少し水を飲みすぎたりすると、いきなりお腹に来る。だから研修会場の化粧室は大切なチェックポイントである。

子供の頃から遠足や修学旅行があまり好きではなかった理由のひとつもコレ。自由時間ではないときに必ずお腹が痛くなる。そして、山歩き等のアウトドアスポーツを避けている理由もコレだ。

スキーの時も何度か腹痛で苦しい思いをした。しかしスキー場にはレストハウスがあちこちにあるので何とかなっていた。

しかし、ランニングは・・・・(うっかりしていたが、考えてみたらアウトドアスポーツであった)公道を走るのでそこでお腹が痛くなるとどうしようもない。ノロノロランナーであっても結構遠くまで走ってしまっているので土地勘もなかったりする。

長時間LSDで頑張ろう! と意気込んでいる時に限って腹痛。こうなると走るどころではない。辛い~。そして悔しい。

お腹の弱いランナーの皆さんはどうなさっているのだろうか。

★素敵な仲間と女性のためのブログを書いています
 → http://authentic-style.bonton-international.com/

|
|

« アミーゴ2! | トップページ | I 君の想い出 »

ランニング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コレ、つらいですよね。
特に冬は確かに・・・。他人事じゃありません。

心配な人はやっぱり、公園ぐるぐるLSDみたいですよ。
例えば代々木公園みたいな大きな公園なら、1周1.2キロくらいの間に、4箇所くらいトイレがあります。距離もわかるし、自販機もあるし、安心です。

でもやっぱり、飽きるんですよね~。
途中で考えてることは、「今何周だっけ?」ってことばっかりで、音楽でも聴きながらじゃなきゃ、とてもとても長時間続けられません。そこが悩みどころです。

あと、駅から駅のルートを走るって人もいました。駅のトイレが使えるように、駅から離れないようにしてるんだそうです。でも、駅の間って、結構あるような・・・?

投稿: もとこ | 2007/02/14 23:46

★もとこさん

やっぱり皆さん気をつけて何らかの対策考えていらっしゃるんですね。公園LSDは安心ですね。ただ、数えるのは大変そう。駅ルートもいいですね。何しろトイレの場所などきちんと把握しておく必要がありそうです。チェックしてみます!

投稿: ちょこじぇらーと! | 2007/02/16 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アミーゴ2! | トップページ | I 君の想い出 »