« 思いこみ | トップページ | 年金の未納が・・・・ »

2007/06/04

レース後の銭湯

200706031757000 第40回六無月東京喜多(北)マラソン10キロ参加。

ここのところの体調不良で棄権も考えたが、前日10キロ走れたので行くことにした。

この大会、地味だなあと何となく思っていたが、やはりそうだった。駅からの案内は全然ないし、近くのバス停からもどこが会場だかわからない。会場に着いてみて、「はぁ?これ?」という感じ。テントもちょこっとしかないし、これまで出てきた大会の中で最も小規模。

受付を探したが、ない! 訊いてみると、まだセットしていないという。えーっ!? この大会の参加料は他の大会より高い。それなのに、この対応???

スタッフの平均年齢は絶対60歳以上。バイトはいるものの、町内会のおじいちゃん、おばあちゃんが運営している大会という雰囲気である。

案内も全然ダメだし、受付の手際も悪い。先に走っているフルマラソンのランナーと10キロ参加者がごちゃごちゃになっていて、それをおばあちゃんスタッフが拡声器で注意している。トイレも河原に常設している数個だけ(野球やサッカーをしている人も当然利用する)。更衣室も数人で満杯だし、荷物預かりもただテントがあって、そこに置くだけ。レースが始まったらシートをかけると言うが、これでは「預かり」ではない。

この運営はちょっとひどい。二度とこの大会には出るまいと思った。開会式までは。

開会式(スタート地点。その前をフルのランナーが走っている)で、会長がスピーチ。前歯が欠けているすごくユニークかつ元気なおじいちゃん。この大会はオリンピック選手を出そうと思って40年前に始めたそうだ。そのお陰で、3人の息子さんは皆陸上で世界選手権に出たとか。へー、そんな大会なんだ。

その後、ラジオ体操第1&第2(主催は北区ラジオ体操連盟)。メチャクチャラジオ体操がうまいおばあちゃんがモデルになってみんなでやる。

そして、スタート。気温が高いのと、単調なコース。そして応援もほとんどない中、淡々と走る。給水はあったが、ぬるい水(特大ポリバケツみたいなのに水が入っていてそれをコップで直接汲んでいた)。脱水が怖くて飲んだが、スポーツドリンクに慣れている私はお腹がカポカポして痛くなりそうな気がした。折り返した後、受付、スタート地点でちょっと話した、静岡から来たという女性とすれ違い、「頑張ってねー!」と手を振る。

200706032224000暑いなあ、長いなあ・・・と思いながらも完走。タイムは先日よりも20秒ほど短縮。55分04秒。10キロ女子で15位だとか(何人中かは不明)。完走メダルを貰った。10位~19位(29位かな?)まではどうやら本物の銀のメダルらしい(その下の順位だと「銅」。あとは「真ちゅう」)。その他にはポカリ、りんご、バナナ。おじいちゃん、おばあちゃん達の笑顔に迎えられて、何だか嬉しい。

運営面にいろいろ問題あれど、昔のマラソン大会ってきっとこんなものだったのだろうし、そのスタイルを守って行っていると思えば許せる。そして事務局の皆さんが一生懸命やって下さっているので「ま、いっか」である。

そして、よかったのがその後。

スーパー銭湯の河童天国の割引券つき。おまけに、走り終わったそのままの格好でチャーターしてあるバスに乗っていい、と。これは乗るしかないでしょう。みんなゼッケンつけたまま荷物だけ持ってバスに乗り込んだ。

到着してお風呂に飛び込み、疲れた身体をほぐす。これ、最高♪

他に、食事、リラクゼーションのいろいろな施設がある。整体は待ち時間が長くて諦めたが、リラクゼーションルームで30分ほど仮眠。気持ちいい。

走った後のお風呂がこんなに気持ちよいとは。。。。。

トータルに見て、結構この大会よいかも、と思った。ただ、あまりに単調なコースなので、10キロ以上はきつい。

さて、これでしばらくレースはお休み。秋に向けてまた頑張ろうっと。

|
|

« 思いこみ | トップページ | 年金の未納が・・・・ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60841/15302189

この記事へのトラックバック一覧です: レース後の銭湯:

« 思いこみ | トップページ | 年金の未納が・・・・ »