« スピーカーを務めます | トップページ | 五嶋龍コンサート »

2008/09/01

ランニングを夢につなげる

すっかり生活の一部となったランニングrun

これを人生にどのように結びつけるかが課題だった。

cherryチャレンジ・・・・ちょっと違う。昨年は距離を伸ばしたり、いろいろなレースに参加したりした。でも、今年東京マラソンに出た時点でやりきっちゃった感がある。タイムの目標は体力的に無理。その後、「ハーフを楽しく走るnote」という目標はクリア。いまある目標とすれば「フルを足が痛くなることなく楽しく走る」であるただし、それができたとしてもそれだけのこと。そういえば、昨年あんなに覗いていたランニングショップにも行っていないし、グッズも東京マラソン以降は何も買っていない(全部揃っちゃったというのもあるけれど)。

cherry楽しみ、健康・・・・これはあり。身体の調子はすこぶる良いし、楽しいし。でも、これだけのために永久に続けられるほどヒマじゃない。「もっとやらねばならないことがたくさんある」というのが現実。

このままだといつの間にかフェードアウトしそう。。。。。

仲間と楽しく盛り上がるというのもありだろうbeer。その楽しさは理解できる。でも、それだけだと何か物足りない。どういう在り方で自分がその場にいていいのかがわからない。

もっと何か人の役に立つことにつなげたいし、それが仕事とリンクさせられないか・・・・・とずっと思っていた。プロの方々がやっているランニング教室などに時々参加したりしてきているのも、そのヒントを探すためだった。

それが・・・・・・ちょっと道が開けてきたshine

具体的な構想はこれからなのだけれど、有り難いことに健康でランニングを楽しめる自分を社会のために活かすことができるかも知れないという事になった。すごく嬉しいし、走ることにも違った意義が出てきた。もしかしたら、これがってもの? やったねsign01

そういう在り方でいると、なぜか出会いも増えるもの。ランニング歴15年、サブスリーの学友とも出会えた。先日スクーリングでお会いしたソウル五輪に出た方もあったし。大学にはスポーツ科学科もあり、専門の先生もたくさんいらっしゃる。秋学期はその手の科目も履修する。広げられる可能性はたくさんあるじゃん。

これまでは、仕事や勉強の合間に無理して、ちょっと後ろめたい気持ちで走っていた。「こんなことやっている時間あるわけ?」って。

これからは違う。堂々と走るhappy01

24時間テレビではエド・はるみさんも113キロ完走なさったそう。よかったね。

|
|

« スピーカーを務めます | トップページ | 五嶋龍コンサート »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピーカーを務めます | トップページ | 五嶋龍コンサート »