« 出版感謝会&笑顔コーチング | トップページ | お寿司@松山 »

2008/12/14

グランプリファイナル

またまたワンセグmobilephone視聴。あー、携帯買い換えておいて本当によかったわーhappy01

羽田空港19:35発のbus。さっさと携帯にイヤホンつないでテレ朝にアクセス。丁度アボット選手の演技が始まる。おーっ、素晴らしいsign01 次に小塚選手。ここで首都高がちょくちょくトンネルに入ってしまって演技がとぎれとぎれに・・・。再度つながったところで転倒。これは優勝厳しい。結果はアボットさん1位、小塚君2位。ジュベールは残念ながら棄権。ワールドまでに治るといいのだけれど。

新宿に着くまでに女子がスタート。同時に渋滞もし始めて・・・・トンネル内に止まると最悪。観られないよ~down ロシェット選手はとぎれてあまりよく見えず。

ここで新宿に到着。背中とか脇腹を痛めて荷物を持てなかったこともありタクシーcarに乗り換え。

そこで安藤美姫選手がスタート。衣装はよく似合っている。プログラムが変わったばかりなのでBGM化している印象。あっ、4S跳んだsign02 って思ったら、伊藤みどりさん「3Sですね」と。あれれ? 携帯でもクルクルクルクルtyphoonって4回まわったように見えたのだけど・・・。結果は4SのDG。申請は3Sだったのを急遽4Sにしたからきっとそう思っちゃったのね。点数には結びつかず他のジャンプもDGされたみたいだけれど、チャレンジ&着氷できて本当によかったhappy01 プログラムもこれから良くなるだろう。

コストナー選手が始まったところでhouseの近くに到着。信号わたったりしているうちに終わってしまったけれど、音楽は聞こえていた。去年と同じFS。実はこのプログラム好き。家に入ったところで丁度中野友加里選手。がんばれー! 3Aこけた、でもチャレンジが大事!笑顔も可愛いheart04 結果は伴わなかったけれどよくやったと思う。全日本に期待。

いよいよ浅田真央ちゃん。がんばれーsign01 めちゃくちゃドキドキしながらお祈りポーズして観た。3A2度成功素晴らしいsign01 が、会場で拍手している人が少ない。韓国の方々というのは感情を明確に表現するねえ。強いなあ。後半の1コケは本当に残念。ステップに入る時もちょっと苦しそう。そりゃバテるでしょう。キムヨナちゃんの出来とホームの有利さを考えると優勝は微妙だなあという感じ。

キムヨナちゃん、ものすごく緊張している表情。そりゃ韓国全土の期待がかかっていて、あの嵐のような応援。CMも10本とか。これはキツイ。スピードと最初のジャンプはいつもながら素晴らしいsign01 ただ、プログラムを変えて守りに入っている? ルッツがすっぽ抜けた時点では「まだこれでも優勝かな?」と。後半転倒の時点で、これだともしかして真央ちゃん優勝かも、と。終わった後の表情を見て、どんなにギリギリの状態でやっていたのかが伝わってきた。まだ18歳の女の子だ。本当によくやった。

各選手ともまだワールドまでののびしろが感じられて良い大会だったと思う。

ジャッジへの批判云々がネット上ではものすごく激しく熱くやりとりされているけれど(信じられないくらいすさまじくて、最近はあまりいい気持ちがしないcatfaceので見ないようにしている)、陸上とか球技じゃない限り曖昧さが残るのは仕方ないかなあと個人的には思っている。

認知機能が複雑な人間が判定するのだから、4分間以外の諸々の状況が影響することもあることは容易に想像できる(トリノオリンピック公式練習での心理戦の話など)。それから、ミスをミスに見せないくらいのスピードだったり選手が放つオーラだったりというのが影響するのも当然。フィギュアスケートというのはそれを含めた試合なのだろう。それだから奥深くて面白いなとも思うのだ。要は、技を誰にも文句を言わせないくらいクリーンに全部決めればいい話。選手ひとりひとりはそれをわかっていて日々頑張っているのだと思う。

ただ、難しいチャレンジを失敗したのが易しい技を成功させたものよりもあまりにも点が低いのは、選手にとって酷だろうなあと思う。このシステムもまだまだ過渡期であり、毎年改良されている。オリンピックシーズンの来年は少し良くなるだろう。

さて、興味は次の全日本sign01 今年も女子FSは生観戦eye 悪い席だけど楽しみ~happy01 

2008年の出張がらみの仕事は一応終了。あとは東京での研修の仕事をこなしつつ、たんまりある宿題をガンガンこなすsign01

|
|

« 出版感謝会&笑顔コーチング | トップページ | お寿司@松山 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

私もドキドキしながら見てました!
今回、日本選手はよくやったと拍手喝采でしたよ。
小塚選手→4回転チャレンジ
浅田選手→トリプルアクセル2回チャレンジ
中野選手→トリプルアクセルチャレンジ
安藤選手→4回転チャレンジ

みんな、チャレンジすることから逃げなかった。
それって精神的にものすごい負担だと思うけど、
きっと「やるっ!」っていう前向きな気持ちが
守りの気持ちより上をいったんだろうね。
私もチャレンジすることから逃げたらあかんなーと思いました。

今日はエキシビですね。さっさとレポート片付けなきゃ(笑)。

Yaya

PS:それにしてもTV朝日!SPでジョニー様をカットするってどういうこと?!(怒)

投稿: Yaya | 2008/12/14 17:52

★Yayaさん

今回は日本選手のチャレンジが印象的でしたね。今のジャッジシステムでは必ずしもそれが得策ではないのに、やっぱりやらずにいられないのが日本のアスリート達なんだなあと思います。勇気、貰えましたよね。がんばりましょう!
テレ朝、好みが偏ってますよねえ~。不要なVTRカットしてみんな放映して欲しいです。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2008/12/16 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出版感謝会&笑顔コーチング | トップページ | お寿司@松山 »