« FLATTORIA @高田馬場 | トップページ | 海甲@大分空港 »

2009/05/12

ジョギング封印!

先月傷めた膝がやっかいな状況になっている。

フルマラソンの後は別に何ともなくて、数日後にちょっとバランス悪い状態で30分ほど軽く走ったところ・・・・・膝がおかしくなった。

別に歩けないわけではなく、動かさないと痛くて歩いたり走ったりするのは平気。階段も正座も問題なし。ある一点だけが痛いのと、立ち続けたり夜寝ていたりするとズッキンズッキンthunder

スポーツ整形hospitalの先生もよくわからないみたい。とりあえず数週間様子を見たけれど状況は変わらず。

連休中ににMRI 撮影。

MRIは凄い!eye  縦切り、横切りと輪切りにされた私の膝がずらりと並ぶ。へえ~、こういう風になってるんだ。

先生の予想どおり半月板に傷があった(そのほかに、これまでの不調の原因っぽい影とかいろいろあった)。ただし、通常はそうなると腫れたり水が溜まったりするらしいのだが、今回はそれが全くない。半月板損傷にある膝のロッキングも皆無。

思い出したのが古傷。25年前に1年半まともに歩けないくらいの膝の怪我をした。あの頃、親身に治療してくれる整形外科に出会えず、接骨医に治してもらった。MRIなんかなかったので内側側副靱帯の損傷と接骨医では言われたがもしかしたら半月板も傷めていたかもしれない。あのときはひどいロッキング状態で、1年くらい正座できなかったっけ。

そこで、「もしかして古傷では?」と尋ねたところ、「わからない」との返事。

半月板は再生しない軟骨らしく、治療は手術しかない。
要するに治らないってこと。

先生からは

手術はすすめない。
あまりに痛ければヒアルロン酸を注射する(ものすごく痛いらしい)。
筋トレとストレッチをすること。
走る量を減らす。

と言われた。

痛みが取れていないので何とかして欲しいと思ったけれど、特に方法がないらしくて、
冷たくあしらわれてしまったbearing
これが病院ってものなんだ。

母が「お医者さんって治りそうにない年寄りには冷たいのよ」と時々言うが、こういうことなのかと納得。

「筋トレとストレッチで痛みが取れるのか?」と尋ねたら、「取れる」・・・と。

結局見捨てられちゃったみたいな感じになって、もうランニングも辞めなきゃならないとすごく悲しくなった。走ることで身体の調子もすごくいいし、いろいろな楽しみにも出会えたのに・・・・・・weep

でも、将来のこと、仕事上の支障を考え、また、できたらフルはダメでもハーフぐらい走れるようになりたいという願いから、まずは筋トレを一生懸命やった。

すると・・・・・

翌日痛みがひどくなったcrying 夜中寝返りうつたびにズッキンthunder 朝起きたらズキズキthunder 歩くのも辛い。

これはダメだ・・・・・と思って、ネットを検索。

整体を何人かの方からすすめられていて、そちら方面にいこうかなと思った。
そこで見つけたのが、自然形態療法というもの。
mixi上の「半月板損傷の会」の中で「このお陰で手術しないで治った」と書き込みがあったし、やはり半月板を傷めた人たちのブログで名前が出てきていた。

早速治療院を探して行ってみた。

すると・・・・・・1回目でこの一ヶ月間ずっとあった痛みが消えたsign01 

そして、2日経過したけれど、時間の経過とともによくなっていることがわかる。すごく嬉しいhappy01

先生から言われたことが、

治るまで走っちゃだめ。
筋トレ等もNG。
出来るだけ膝に負担をかけないように。
毎日お風呂で温めること。
座っているとき足を組まないこと。
正座、あぐらはOKだが、横座りはしないこと。

 

先生曰く、半月板が問題なのではないように思うけど・・・・と。

そして、「身体は治ろうとするものですよ」 と。この言葉が欲しかったweep

現在痛みはかなり消えたのだけれど(信じられないsign03)、あと何度か通う予定。

というわけで、しばらくは走れないcatface

心配なのが体重。ここでこれまで通りモリモリ食べたら大変なことになるcoldsweats01
というわけで、昨日からダイエット開始sign03

スポーツをしていると故障はつきものなのだけれど、本当にいろいろある。
でも、この機会にMRIをきちんと撮れ現状把握できたのはよかったし、新しい療法に出会えたのも大収穫である。

さて、今後どこまで回復して、どこまで走れるようになるのやら。

半月板損傷って多くのプロスポーツ選手の選手生命を奪ってきた。
清原さんも苦労した1人。Qちゃんだって半月板の手術して北京に行けなかった。
松井選手もタイガーウッズも手術後調子悪い。

フィギュアスケートの高橋大輔選手は大丈夫だろうか。心配になってきた。

自分が同じ立場になってみて事の重大さがわかった。いい勉強になったわ~。

|
|

« FLATTORIA @高田馬場 | トップページ | 海甲@大分空港 »

ランニング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

私は昨年6月に右足を捻挫しましたが、当時は全く歩けないくらいひどいものでした。捻挫は治ったのですが、今でも右足が重く、冷えたりすると何とも言えない痛みが。歩いたりしても、この鈍い痛みの為に体のバランスが悪くなっているのが自分でもわかります。

今度整体にまた行こうかと思っています。

ちょこじぇらーとさん、余り無理しないでゆっくりしっかり治療し、また走れるようになってくださいね!

投稿: まるこ | 2009/05/12 07:30

今はじっと我慢の時なのですね(ρ_;)

何事も無く動くことが当たり前のように毎日過ごしていますがほんの少しの痛みでも行動に影響が出ますよね。

それこそ日常生活のレベルでも。

高度医療もそれはそれで必要だけどきっとそうじゃない「治す」ってことを考え直す時が医療界には来てるんじゃないかなあと最近思いますね。

投稿: ごま | 2009/05/12 09:41

次女が中学時代、ソフトボールの試合を追っかけで見ていました。キャッチャーの娘に、3塁ランナーがホームでスライディングし、娘は動かなくなりました。
左ひざをやられ、その後、守備を続行しようとしましたが立てませんでした。病院に連れて行き、しばらくは病院通いにつきあいました。

高校に入り、本人はバスケットをやりたかったのですが、膝に不安を抱え、3年間マネジャーを務めました。いまだに当時のメンバーと学年を超えて付き合っています。

そんな娘が、運動はあきらめたと思っていたのですが、介護施設の重労働と、それを補う過食に近い食欲を受け入れるために、知らないうちにジョギングをしたり、市民マラソンに参加したり・・・

時間が解決してくれるみたいです。

若いから??と言われるのなら、今、最低限のスピードでジョギングを再開できた喜びを感じている私がいます。

私も、トレーニングをした故の故障には泣いていますから、今は、体に聞きながら、怪我しないステップを踏んでいます。

投稿: かめ | 2009/05/12 22:28

あぁぁぁぁぁ~。゜゜(´□`。)°゜。
大変なことになっちゃったんですねぇぇぇ・・・
でもいい先生にあえてよかったですね。
焦らずゆっくり治してくださいね。
ちょうどシーズンオフになりますから、秋の復活を
目指して治療に千年してくださいね。

私のお友達はヒアルロン酸注射やってます。
確実によくなるのがわかるといっていました。
注射した直後が少し痛いようですが、続けていますよ!
注射しながらこの前チャレンジ富士五湖72km完走してました・・・

投稿: ゆりっぺ | 2009/05/12 23:00

★まるこさん

ありがとうございます!
まるこさんも捻挫なさっていましたよね。
バランスって大事なんですよね。たぶんずっと左足をかばってきていたせいか身体のバランスが崩れていたのが発覚しました。気がつかなかった腰の痛みもわかったり。まるこさんには以前整体の先生ご紹介頂きましたよね。整体っていいですね。

★ごまさん

ありがとうございます。そうなんです、ちょっと我慢の日々です。人間の身体ってほんのちょっと不具合が出ると全身に影響するし、生活がものすごく不自由になります。改めて身体の仕組みが精密なのだと感じます。某先生の「CureがなくてもCareがある」というお言葉が身にしみました。もっと重篤な病の時にこういう対応されたらすごく傷つくだろうなと思いました。

★かめさん

そうなんですよね。身体は自然に治っていくんだと思います。お嬢さんはやはりスポーツお好きなんですね。走ることができるようになられてよかったですね。かめさんもいつの間にかジョガーになられていたんですね!昔スポーツをしていると、やはり身体を動かした方が調子よいですよね。

★ゆりっぺさん

そうなのよー、もうフルはダメかも・・・です。無理なく走れる方法をこれから探ります。
でも、もう痛みなくなっちゃってるんですよね。しかし半月板は・・・なんて悩みます。
秋に向けてゆっくりリハビリします。
ヒアルロン酸注射やっている方いらっしゃるんですね。たぶん半月板ですよね? それで72キロ走れているんですか! そういうお話聞くと、私もまた長い距離走れるかなと希望が持てます。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2009/05/13 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FLATTORIA @高田馬場 | トップページ | 海甲@大分空港 »