« d'une rarete @表参道 | トップページ | 講演前 »

2009/05/15

ウォレスとグルミット新作

数年前たまたま映画を観てすっかりハマったのが

ウォレスとグルミット

クレイアニメ、つまり粘土。
CGは一切無し。
粘土をほんの少しずつ動かしながら一コマ一コマずつ撮影するので、一日に数秒分しか撮れないという信じられない手間がかかっている。

でも、登場人物(犬)がすごく生き生きと動いていてストーリーも面白い。

DVDもいくつか買っていて、疲れたときなど観ると思わず微笑んでしまって元気になる

でも、ひとつの映画作品ができあがるのに5年くらいかかるそうで・・・

昨年BBCで30分ほどの新作が放映されたとは聞いていた。
それがどうやらいよいよ映画館で上映されるみたい

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢
http://www.ghibli-museum.jp/wg/

予告を観たけれど、これまた素晴らしい出来
パンが一斉に膨らむところなんてどうやって撮ったんだか・・・。

7月が楽しみ~

|

« d'une rarete @表参道 | トップページ | 講演前 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« d'une rarete @表参道 | トップページ | 講演前 »