« 信乃介くんの原画展 | トップページ | 初ネイルサロン »

2009/06/10

辻井伸行さん

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール辻井伸行さん優勝shine

全盲の天才ピアニストの辻井さんのことはこれまでも度々TVで放映されていて、ものすごく綺麗な音を出す人だと知っていたけれど、とうとうやったbirthday

私もピアノは高校生までやっていたのでどうやって弾くのかはわかる。目が見えない状態でどうやってピアノの弾き方を学べるのか、また楽譜を読まないで耳で弾けるようになるなんてことが全く理解できない。そして、目が見えていてもプロでもミスタッチするのにどうやって鍵盤を正確にタッチするんだろうか? 考えてみると全てがすごいsign01

昨日から今日にかけてニュースでコンクールの模様が放映されているけれど、音が本当に柔らかい。本来の感受性の鋭さに加えて、情報が限られているからこその感覚の発達があるのだろう。

そして、ピアノを弾くのが楽しくて幸せで仕方ないnote というのが伝わってきて聴いている方も幸せな気分になるhappy01

これは生で聴かねば! とコンサートスケジュールをチェックしたら・・・・・・

全部仕事が入っていたダメdown

しばらくはCDとDVDで楽しむしかない。

現在はあの横山幸雄さんに師事しているらしい。
横山さんもショパンコンクールで3位になって、その時は大騒ぎだったっけ。

さて、このコンクールの1位から3位は全員アジア系だなと思ってファイナリストをチェックしたら、6人中4人がアジア(韓国1,中国2,日本1)。中国勢は本当に強い。

素晴らしいなと注目していたラン・ランはあっという間に大スターになってしまい、今秋のウィーンフィルとの競演のチケットはSS席が38,000円(指揮者がズービン・メータというのもあるけれど)bearing

数ヶ月前にN響アワーで初めて観てびっくり仰天sign01したユジャ・ワンもこれから活躍するだろう。

<参考>ユジャ・ワン
N響アワーで観たラフマニノフ
http://www.youtube.com/watch?v=ZKQpr_8O4-A

ラフマニノフ編曲リムスキーコルサコフ(超絶技巧!)
http://www.youtube.com/watch?v=8alxBofd_eQ

とにかく、政治、経済、社会(犯罪)・・・・・・暗い話題ばかりの昨今、とっても爽やかで幸せなニュースだったheart04

お父さんが仰るようにこれからがいろいろ大変になるだろうが、笑顔を忘れずに頑張って欲しいheart04

|
|

« 信乃介くんの原画展 | トップページ | 初ネイルサロン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今から8年ほど前、盲目の天才ピアニストとして、まだ幼かった辻井伸行さんのドキュメンタリーを見たことがありました。

今でも覚えているほど、印象に残った内容でした。

お母さんが、幼い彼が弾くピアノを、存分に褒めながら、才能の芽を大切に育てていかれたようで。

それだけに留まらず、きちんとした先生に通わせて、才能を開花させたそうですね。

投稿: アミーゴ | 2009/06/11 10:31

★アミーゴさん

ご両親の育て方が素晴らしいですよね。
才能を伸ばすためにかなりの努力をなさったとか。お家ひとつ分くらいお金をかけたとTVで放映されていました。
ほめて伸ばすということを実践されたのもよかったのでしょう。
それに応えた辻井さんもすごいですよね。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2009/06/12 05:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信乃介くんの原画展 | トップページ | 初ネイルサロン »