« 酒肴美味 六根@大分 | トップページ | さんかく@目白 »

2009/07/09

目が腫れました

今朝6時半、起きたら両目がぶわっと腫れていましたeye
お陰でコンタクトも入れられず・・・・。

原因は、マイケル・ジャクソン追悼セレモニー(CNN Web)。
結局最後(4:45頃)まで観ちゃった。
もう外も明るいので寝るのをやめようかとも思ったけれど、睡眠2時間半(23:30~2:00までは寝た)ではちょっと辛いだろうと再度寝ることにした。

セレモニーはマイケルを送るとかそういうことよりもいろいろなアーティストが出てくるのと
最後のリハーサル映像がもっと流されるのではないかという期待から観ることにした。


でも、見始めたら、友人達が本当に悲しんでいるし、追悼の歌を聴きながらやっぱり泣けてきた。ブルック・シールズのスピーチはとても良かった。そして、ジャーメイン・ジャクソンのSmileはすごく悲しくなった。お兄ちゃん、マイケルの声と似ている。

ちょくちょく涙しながらweep見ていて、もう終わりだな、良いセレモニーだったなと思っていたら、最後に一家がステージに上がって話し始めた。

お兄さんたちが話している間、パリスちゃんを見ていて、「この子話すんだな」と思った。ハンカチをハンドバッグにしまい、肩にかけ、いつでも出て行ける準備をしていたしきりっとした表情をしてやる気だった。

ジャーメイン・ジャクソンがジャネット・ジャクソンに「ジャネット、何か話す?」とささやいたら、パリスちゃんが「私が話す」って感じに。

Ever since I was born, Daddy has been the best father you can ever imagine.

これを聴いた瞬間、涙がダーッとcrying

you can ever imagine.」 だなんて・・・・・。
あんな小さな娘なのに、お父さんが世の中からいろいろ言われていることをわかっていてどれだけ心を痛めていたんだろうかと思ったらもう涙が止まらない。

パリスちゃんに完璧にやられましたcrying

これでお母さんも親権争ったりしないんじゃないだろうか。
メディアももう追っかけたりしないで静かにしておいて欲しいものだ。

その後お布団に入っても、その一文が頭の中をぐるぐるしちゃってtyphoon涙がずっと出続けた。そのうち眠ったのだけれど・・・・起きたら目が膨張wobbly

|
|

« 酒肴美味 六根@大分 | トップページ | さんかく@目白 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、マイケルの追悼式のパリスちゃんをみてどうしても知りたいことがありこちらにたどり着きました。

パリスちゃんの言葉です。(何回みても泣けます)

英語がよくわからないのでニュースなどでは
「お父さんはわたしたちが生まれたときからいままでずっと最高のお父さんでした」と訳されているのをそのまま受け入れていたのですが。


”you can ever imagine.”

というくだり
「だれでも想像しうる」という直訳はわかるんですが

もっとニュアンスがあるのかなとひっかかっていました。


"I just want to say" と前後に2回言っていたように聞こえたのですが、これも
「わたし どうしても 言いたかったの」という意思があったのかなと。

マーロンジャクソンのスピーチの後
「ジャネット何か言う?」と聞いています。
そのあとジャネットが何かをいっています。(それが聞き取れません)

予定されていたスピーチではないように見られたので
(少なくともマーロンは知らなかった)それなりの意思があったのだろうと想像するのです。


Norikoさんが
”あんな小さな娘なのに、お父さんが世の中からいろいろ言われていることをわかっていてどれだけ心を痛めていたんだろうかと思ったらもう涙が止まらない。

とおっしゃっているのは
”みんなが思っているのとちがってとっても素晴らしいパパだったの”というニュアンスがあるのでしょうか。

テレビでデーブスペクターが
「とても子供らしい表現でシナリオはなかったと思います。」と解説していました。そのときにもうちょっと詳しくネイティブならではの解説をしていたのですがよく覚えてないのです。


それが引っ掛かり何度もパリスちゃんの映像をみたりいろいろなサイトをみたりしてNorikoさんのブログにたどり着きました。外国のサイトはパリスちゃんの言葉の意義を取り上げていますが日本のニュースは皆無です。


Norikoさんはどんな意味で聞かれたのでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿: ktmom | 2009/07/11 09:08

★ktmomさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

私も別に英語が上手いわけでもないので正しいのかどうかはわかりませんが、

「みんなが想像している以上に」という意味が含まれていると瞬間的に受け取りました。大人だったら、もっと明確な表現でそのことを協調したでしょうが、まだ子どもなのでこうなったのかなと思いました。ただ、「素晴らしいパパだった」と言いたいのだったら、後半のフレーズは不要か違うものになったでしょう。

>"I just want to say" と前後に2回言っていたように聞こえたのですが、これも
「わたし どうしても 言いたかったの」という意思があったのかなと。

そうですね。
この表現はアメリカの方は自分の言いたいことを明確にしたり、結論を言ったりするときに、よく使うように感じています。ドラマや映画などでもよく耳にするように思います。

私自身は「私が言いたいのは」ぐらいに受け取ったのですが、「どうしても」という気持ちもあったかもしれませんね。

パリスちゃんの気持ちがよく表れたよいスピーチだったと思います。あの年齢の子どもがあの場面ではっきりと率直な気持ちを述べるというのはすごいとも思いました。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2009/07/12 11:17

ありがとうございました!

しかしマイケルについて日本の報道はひどいですね。
追悼番組なのに皮膚の色について漂白といったり。

白人になりたくて漂白しているのなら
ダイアナロスやスティービーワンダーとか黒人の大先輩や世界中の黒人を否定することになります。

普通に考えたらそんな気持ちがあるわけがないとわかるはずです。

黒人差別の時代背景がわからない、とくに日本は普通に生活していれば意識することがないので鵜呑みにしてしまうのでしょうか。

死因がわかってからもほんとに正確な報道をしてくれるのでしょうか。

安らかに眠ってほしいけれど
マイケルは子供たちのことを心配しているでしょうね。

投稿: ktmom | 2009/07/12 17:06

★ktmomさん

確かに報道はひどいですね。といってもどこの国も同じかも。
もともとメディアのいうことというのは話半分に受け取っておいた方がよいように思います。私なども取材されてこちらの意図どおりに記事にしてくれることなんかまずありません。著名人はもっと嫌な思いをたくさんしていると思います。
こちら側が情報選択する必要があると思います。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2009/07/14 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒肴美味 六根@大分 | トップページ | さんかく@目白 »