« 『THIS IS IT』 | トップページ | フィオレンティーナ(グランドハイアット東京)@六本木 »

2009/11/04

ラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲』@都響プロムナードコンサート

文化の日はサントリーホールにて都響プロムナードコンサートへnote

上原彩子さんがラフマニノフ(パガニーニの主題による狂詩曲op.43)を弾くことをキャッチして即購入sign01
この曲はピアノとオケが休みなく掛け合う大変な曲なのだが、終盤の第18変奏(アンダンテ・カンタービレ)が涙が出るほど美しい。こんなに美しい曲がこの世にあるかしら?と思うくらい。だから是非生で聴きたいと思っていた。

※ youtubeに上原さんのまさにその主題のところの動画が上がっていました。
ラストも凄いです。
http://www.youtube.com/watch?v=TJ2dY5wRfm4&feature=related

指揮はアメリカ人のアンドリュー・グラムス。
まだ若いけれど、オケを上手にまとめていて穏やかな演奏だった。

oneコープランドのバレエ音楽「アパラチアの春」
実はこの曲を知らなかったけどなかなか美しかった。

twoラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲(op.43)
素晴らしかったshine
上原さんはたぶん産休明けのはず。今年3月に放映されたN響アワーでは大きなお腹でラフマニノフのコンチェルトを弾いていた。子育てしながらの演奏活動、大変だろうなあ。

この曲はかなりの難曲。「ん?」というミスタッチがほんの少しあったけれど、迫力と美しさが入り交じった素敵な演奏だった。
第18変奏ではあまりの美しさに目がうるうるweep
そして、これまた大好きなラストの迫力に酔った。

three上原さんのアンコール ラフマニノフ:プレリュード op.32-5
キレイ~shine 山の中の清流のような音。

four再びオケのみ モーツァルト:交響曲第40番 ト短調K.550
ポピュラーな交響曲。
弦楽器の音が非常に柔らかくて心地よい。
緊張感の高いラフマニノフのあとだったこともあったけれど、とても自然で空気の流れに乗った温かい演奏だった。

大満足heart04

noteラフマニノフ自身が弾いた上記と同じ部分がありました。

5:30くらいからです。
ラフマニノフ演奏のコンチェルトはかなりあっさりしていて拍子抜けするのですが、さすがにここは情感たっぷりです。

http://www.youtube.com/watch?v=_Fjoj_fTeOk&feature=related

ところで、会場のサントリーホール近辺に警官が多いなと思ったら・・・・

ブッシュ前大統領が来日されたらしい。
ちょっと複雑な気持ちdown

|
|

« 『THIS IS IT』 | トップページ | フィオレンティーナ(グランドハイアット東京)@六本木 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この曲、いいですよねー。私もよくウルウルきちゃいます。誰かFPとかで使って情感たっぷりに滑ってくれないかなぁ・・・なんて。(笑)

投稿: Yaya | 2009/11/06 01:10

★Yayaさん

Yayaさんもお好きなんですね!
これを聴くと「ラフマニノフって天才!」って思っちゃいます。
真央ちゃんには「鐘」よりもこれの方が合っていると思うんですが。「鐘」に一部かませてもいいのにねえ。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2009/11/06 05:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『THIS IS IT』 | トップページ | フィオレンティーナ(グランドハイアット東京)@六本木 »