« マイケル・ジャクソン デビュー30周年コンサート | トップページ | 大晦日 »

2009/12/31

リッツカールトン@大阪 (3)

リッツカールトンが大好きになったのは、ハード面だけでなくソフト面。

リッツのサービスの良さは有名で書籍も何冊も出版されているし、支配人やそのほかのスタッフの方のホスピタリティに関する講演も聴いたことがある。
リッツのクレドもあちらこちらで紹介されている。

今回、実際に体験してみて、それがよくわかった。
心がちょっと疲れたときに泊まるといいかも。
(こんな風に思ったのはいまのところ大津の琵琶湖ホテルとココだけ。)

あのほんわかした空気感はインテリアだけで作るのは無理。
それを作っているのはスタッフだ。
残念ながら「全員が素晴らしい」というわけではなかった。といっても、その何人かのスタッフは「高級ホテルに普通いるスタッフ」だったというレベル。

だが、珍しいのは「コミュニケーションの存在」だ。

チェックインしたのは午後10時過ぎ。

男性スタッフが礼儀正しい対応をしながら話しかけてきた。
「どちらにいらしたんですか?」と。

「スケート観てきたんですよ」と答えると

「真央ちゃんですか! 優勝してよかったですよね

お互いにっこり

これまでも「一流」と言われるホテルには泊まってきているけれど、チェックインの時にこんな話をしたことはなかった。

部屋に案内してくれた女性スタッフとも道すがらちょっとおしゃべり
何だか楽しいじゃないですか

その後も何人かのスタッフと接することになったけれど、こちらが黙っていたいときにはなぜか話しかけてこない。しかし、「ちょっと退屈だな」と思っていると声をかけてくれる。何でわかるのかしら?

ルームサービスは24時間対応。分厚いメニューがあってこれで3食済ませても飽きない。
ドンペリロゼは90,000円。お茶漬けが2,200円 なかなかのお値段。

こんなプランもあった。

バラのお風呂、シャンパン、フルーツ盛り合わせ。

Dsc00628_2

クマと記念写真
クマのリオンくん(?)がお部屋に来てくれるらしい。
Dsc00629

サイトを見ていたらこんなのもあった。

プロポーズプラン

こんなのでプロポーズされたら、思わずOKしちゃうかも

さて、フロントで見つけたのが、

「キッズチェックインデスク」

子どもにもちゃんとチェックインしてもらろうということなのだろう。
子どもも楽しいだろう。そして、ホテル側のく一人のお客様として子どもも大切にするという気持ちが表れているような気がした。

Dsc00638

 

お気に入りのホテルがまたひとつできたのも嬉しかったけれど、
今回大変良い勉強をさせて頂いたと思う。

1年に一度くらいは泊まりに行ってもいいかも

|

« マイケル・ジャクソン デビュー30周年コンサート | トップページ | 大晦日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

楽しいホテルレポート有難うございます!

リッツカールトンというとパリのバンドーム広場のホテルを思い浮かべてしまい、敷居の高いイメージでしたが、意外に気軽に宿泊できそうなんですね。

リッツのサービスはビジネス書にもなったくらいですから、私の知り合いもリサーチの為に様々なリッツに宿泊したりしていました。

私は仕事柄、ホテルのサービスというと宿泊客というよりはコーディネーター的な役割で接点が多かったのですが、臨機応変にしなやかな対応をしてくれるホテルはどこも素晴らしいと思いました。

以前、米国デトロイト郊外のバーミンガムというところにあるTownsend Hotelに宿泊したことがあったのですが、ここもとても素晴らしいサービスでしたよ。ホテルは小さいのですがそのcozyな雰囲気がなんとも言えず居心地が良かったです。

http://www.townsendhotel.com/

私のフランス人上司が日本人のお客様に配慮して朝食のビュッフェに和食を加えるよう思いつき、突然おにぎりとお味噌汁を出すよう指示することになりました。そんなもの作ったこともないシェフがなんとか和食レシピ本と格闘し、それらしいものを作ってくれました。私に何度も味噌汁の味見をしてくれと頼みにきて、その誠実さが微笑ましかったのを覚えています。

ホテルのサービスは設備の充実さももちろん重要なのですが、やっぱり人だとつくづく思ってしまいます。考えてみたら、人が空間を演出しているんですものね。

投稿: まるこ | 2009/12/31 14:33

★まるこさん

まるこさんは世界各国のホテルに宿泊していらっしゃるので様々な出来事に遭遇されていますよね。Townsend Hotel素敵ですね♪
こういうホテルでゆっくり滞在したいなあ。
和食の話もすごいですね。お味噌汁を出そうとするなんて、その心遣いだけで感激しますよね。
「人」がやるからサービスって奥深いのでしょう。私たちの学んでいることも全てつながりますね。

投稿: ちょこじぇらーと! | 2009/12/31 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイケル・ジャクソン デビュー30周年コンサート | トップページ | 大晦日 »