« 来年は東京で世界選手権 | トップページ | フィギュアスケート:アイスダンス »

2010/02/23

澤上篤人氏のセミナー

FPの継続教育で、さわかみ投信の澤上篤人さんのセミナーに参加。

昨年も参加したが、大変面白かった。

3時間のセミナーのうち最初の1時間は金融環境の概況と澤上氏の考えを聞く。
あとの2時間は質疑応答。

2時間が質疑応答というのも凄いスケジュールだが、質問は次々出てそれに対する澤上氏の鋭い回答を聞くことができる。


株式への長期投資を推奨するのは今年も同様。
その根拠も大いに納得。

澤上氏の見方は、そう遠くない将来にここ30年間誰も経験したことのない金利上昇が起こる。
その時国債を発行しまくった状況で大混乱が発生。

791兆の預貯金の預貸率が74%(うち中小企業に対する貸し出しはもっと低い)。これでは経済は成長するはずがない。また、それ以外の運用は国債等でされている。金利上昇に転じた際どうするのか、と。郵貯の限度額を3000万円にしてまた国債を買わせようとしている国はどうかしている。

その他にも今後予想される危機的状況、そして対処方法が明確に述べられた。

印象に残ったのが

「投資は大らかに軽やかに」
「数字を見るのではなく投資先や世の中をじっと観察する」
「わからないものには絶対手を出すな」

澤上氏の言われていること、株式投資歴60年以上の父の言っていることと同じものがある。
情報が限られている中で投資先を見る方法。

私も一部株式投資をしているけれど、買い時の時期が終わってしまわないうちに、
またどこか買おうかな。

澤上氏の頭の回転がもの凄く速いことにも驚いた。
さすがだ。

しばらく経ったらまた話を聞きたいと思った。

|

« 来年は東京で世界選手権 | トップページ | フィギュアスケート:アイスダンス »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年は東京で世界選手権 | トップページ | フィギュアスケート:アイスダンス »