« チャレンジの美しさ | トップページ | 澤上篤人氏のセミナー »

2010/02/21

来年は東京で世界選手権

高橋大輔選手が引退せずまだ続けてくれるというニュース。

やはり大ちゃんなしではまだ日本男子フィギュア界は淋しいので嬉しい。

再度録画を観なおしてみて、演技には本当に感動した。
モロゾフコーチの時のあの暑苦しい振りつけよりも今の方があっさりしていて芸術的で個人的には好きだ。

しかし、TESは低かった。
4回転を入れ、特に失敗すると体力的にかなりきついらしいが、今回もその後3-3がダウングレードされたし、3-2-2の予定が3-2になった。大怪我で体力落ちていた中ではそれでもよくやったと思う。でもPCSが高く出なければそれなしではメダルは取れなかった。

だが、そのお陰で高橋選手も続ける気になってくれたのでよかった。

記者会見で、来年は東京で世界選手権が開かれることを知った。

やったね!!!

でも、代々木でしょ???

チケット取れないかなあ。。。。。


ところで、高橋選手が今回履いていたのは本田さんから譲り受けたものだったとか。本田さんはご自分が怪我で成し得なかった五輪でのメダル獲得を高橋選手に託したということだ。

また、織田選手が泣いた靴紐だが、高橋選手も実は前日危うい状態になっていたとのこと。それを長峰コーチがこっそり新しいものに変えておいたらしい。本人が知らなかったということは、それを言うと織田選手が話していた「感覚の違い」を気にしてしまうからだろうか。

どちらも感動的なエピソード。

今回、本田さんの解説がすごくよいことに改めて気付いた。ジャンプの種類を言う絶妙のタイミングと声のトーンが最高である。女子もやって欲しいくらいだ。

|
|

« チャレンジの美しさ | トップページ | 澤上篤人氏のセミナー »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャレンジの美しさ | トップページ | 澤上篤人氏のセミナー »