« ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ 京都@京都 | トップページ | イル・テアトロ@目白 »

2011/04/05

大腸内視鏡検査

いつかはやらなきゃと思っていた大腸内視鏡検査、

人間ドックで「再検査」の指示を受け決心。

以前胃カメラで大変な思いをしたため(http://gelato.cocolog-nifty.com/happycareer/2007/12/post_e403.html)、

「妹夫婦御用達」の、楽な検査を売りにしているクリニックにお願いすることに。

軽い麻酔をかけてやってくれるため、うつらうつらしていて検査自体は「あれ?いつの間に?」でした。

このクリニックの先生は、「つらい検査がイヤで病気の発見が手遅れになるケースを防ぎたい」というポリシー。
(その気持ち、よくわかる~)

検査時の麻酔に関しては賛否両論あるけれど、これはこれでいいんじゃないかと思う。

待っている間にすぐそこで胃カメラやっている方もあったが、「オエッ」なんて一回も聞こえなかった。
これなら胃カメラ嫌いにはならないだろう。

今回はどちらかというと、苦痛は腸を空っぽにするための前処理だった。

前々日から食べ物の制限が出始め、

前日は流動食中心。

お腹が空いて空いて・・・・・ 街の食べ物の看板見るのも辛いくらい。
(被災地の方はおにぎり一個とかパン一個で何日も過ごされたりしていたわけで、どれだけ辛かったかと思う。)

当日は腸管洗浄剤を2リットル飲みお腹をきれいにするが、これがまあ大変で・・・・

でも、お腹のデトックスにはなるので、「これのおかげでお肌の調子がよくなった」という方もいる。

結果は何もなし。「優秀な腸です」とお褒めのお言葉を頂けた。

写真を貰ったが、確かにきれいなピンクでつるんつるんのピッカピカ
お肌もこうであるならいいのだけど


このクリニック、すっかり気に入ってしまった。
胃カメラも今度はここにしよう。

ところで、検査というのは儲かるというイメージだがどうなのだろうか?
このクリニックの検査はネット上でも評判がよく、件数も多いようだ。

そのせいか、入院施設と見紛うようなすごい豪邸だった。

|

« ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ 京都@京都 | トップページ | イル・テアトロ@目白 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ 京都@京都 | トップページ | イル・テアトロ@目白 »