« 東京マラソン2012 | トップページ | La casa di Nao@渋谷 »

2012/02/27

東京マラソン2012 ラン以外編

東京マラソン、翌日になって報道を見たりすると、

やっぱりいい大会に出たんだなあ~happy01 という気持ちが湧いてくる。

ラン以外でのエピソードを思い出してみる。

1.更衣スペース
大きなテントの中なのだが、真っ暗catface
駅で待ち合わせて一緒に来たKさんと私、「見えな~い」と、少しでも光の入るはじっこに陣取り着替え初めていたところ・・・・いきなり点灯flair どうやら7:30にならないと電気つかないらしい。お役所だ・・・。
 

2.待ち時間
並び始めたのは8:20ごろ。スタートは9:10+α。
周りの人に比べて結構厚着して、お腹にはホカロンまで入れていたのに
寒い~wobbly スタート直前には歯の根が合わなくなってきた。
もう限界!って思った時にスタートできてよかった。

3.試走の経験
試走していたお陰で今どこにいるのか、あとどのくらいなのか、がわかって精神的には楽だった。日比谷~品川、銀座~浅草 は本番の方がずっと短く感じた。やっぱりやっておくといいね。

4.倒れていた方
品川に向かっているとき、泉岳寺のあたりだろうか、倒れている男性がいてスタッフがあたふた。全身が痙攣していて一目見て危ない状況。近くにドクターランナーはいなかった。
折り返してきた時にはドクター達が3-4人まとまってどこかに連絡を取っていてご本人はもういなかった。
どうしたかずっと気になっていたのだが、大丈夫だったことが判明。よかった。

5.トイレ
スタートして前半のトイレはどこも長蛇の列。
後半に2度お世話になったけれど、女性用は空いていてすぐに案内された。
これはラッキーだった。

6.コスプレランナー
今回もいろいろいた。

カネゴン、角瓶とハイボールのコンビ、白鳥、うさぎ、サリーちゃん、名前はわからないけれどアニメキャラ多数。

花婿さんと花嫁さん というのはよくあるパターンだが、凄かったのはその近くに留め袖の方がいたこと。近くで見たら、ちゃんと着付けてあって帯もしめている。髪の毛も結ってあってランニングシューズだけがそれらしきもの。こんな格好するなんて、かなり自信ないとできない。おしりに「○○、病に勝て」みたいに書いてあったので、多分特別の思いを持って走られたに違いない。

7.チャリティーランナー
背中に想いを書いたチャリティーランナーの皆様、たくさんお見かけした。
個人でのチャリティー、組織的なチャリティー、両方あるのだろうが、東日本大地震関係もあれば、「ガンサバイバーのみんなへ」のような医療関係などがあった。

8.ハイタッチ
沿道の応援団の多いこと多いこと! 結局「○○地点にいるから!」と仰っていたお知り合いの皆様には全く出会えずhappy02
最初のうちはどんどんハイタッチして走ったが、後半はその余裕なし。
しかし、子供にはできる限りした。怪我したら大変なのでやさしーくheart04

9.公設、私設エイド
今回はあまりお世話にならなかった。前回は歩いたのでお腹もすいてきたが、今回は走ったので結局お腹もすかず・・・。
銀座の先でもらったチョコパンは美味しかった!
あと、明治座の横で私設のお汁粉エイドやっているのは知っていたので、これは絶対!と思って立ち寄ったのだが、これも美味しかった~。ボランティアでここまでやってくださるなんて・・・。

10.ゼリー、ブドウ糖類
ポケットに持ち、5キロごとに摂取。
後半足がダメになったのでわからなかったが、やはり効き目はあったと思う。
カラダは全くOKだった。それに加えて、終了後にアミノバリューの粉末と液体両方しっかり取ったためか、いつものように帰宅後倒れ込むことはなく、今日も特に疲れなしhappy01
やっぱり機能性食品はきちんと摂取すべき!

11.コールドスプレー
今回も沿道の皆様が「エアーサロンパスあります」とシューシューかけて下さった。
これ高いのになあ。本当に有り難かった。

久光製薬さん、スポンサーなのだから、沿道にエアーサロンパス帯を設置するというのはどうなのだろう?宣伝効果抜群だと思うのだけど。

12.個人的に面白かったこと
・ラスト4キロの給水ポイントで、「皆様に残念なお知らせがあります。このマラソンもあと4キロで終わってしまいます」。そうなんだよな~あとちょっと楽しまなきゃ!
・「足痛い~」と思っている時、沿道の「足が痛いのは気のせいだ」という掲示。そうだよね?と一瞬思った。
・膝と足が限界・・・とストレッチしている時、40代とおぼしき男性とは毎回言葉と交わした。人と辛さを分かち合うと気が楽になる。走っている時はみんないい人heart04。お互い笑顔でちょっと話すのが心地よかった。

13.帰り道の長さ
着替えてから外に出るまで、そして駅までの道のりが長かった。
ビッグサイトの中を延々と歩かねばならず、非常に辛かった。
ここは何とかして欲しいものだ。

と、いろいろあった東京マラソン2012、出て良かったなあ。

次はいつ出られるんだろう? とすっかりまた走る気run

|
|

« 東京マラソン2012 | トップページ | La casa di Nao@渋谷 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京マラソン2012 | トップページ | La casa di Nao@渋谷 »