« お呼ばれ | トップページ | AUXAMIS TOKYO @丸の内 »

2013/09/28

ネーベルホルン杯

普段ライブ中継なんかないネーベルホルン杯、今年は成美&龍一ペアと安藤美姫選手がどうなるかという話題があって、CSテレ朝でライブ中継。

ペアFS成美&龍一ペアと女子FS安藤美姫選手は観ることが時間。

成美・龍一ペア、半年前に組んだばかり、おまけに木原選手はペアではお初。リフトしたりスロージャンプするたびに「がんばれっ!」と。まだまだ技が少ないのだけど、アイスショーの時よりも回転が多くなったり技が難しくなっていたりして、やはりトップ選手というのはすごいんだなあと感嘆。

ジャンプミス等もあって点数は伸びなかったが、これからどんどん強くなるだろう。

その後、最終グループの6分間練習を見たが、成美ちゃんの前パートナーのマーヴィン・トラン選手がパートナーを豪快に放り投げてるdashのを見て、やっぱりペア競技における男性の役割ってものすごく大きいんだろうなあと感じた。

演技自体も見たかったけど眠気に負けてここでストップ。

朝起きてTVをつけ、女子FSを観戦。
ちょうど最終グループの少し前。

もともと安藤美姫選手の演技は好きだったので、応援のつもりで見た。

まず印象として、痩せたな~ってこと。ジュニアの頃と同じくらいの体型? 
リンクに立った時のオーラだけでなく、お母さんになったからかとても柔らかい表情。

さて、ジャンプですが、いきなりルッツ。今回は解説も実況もなく会場音声だけだったせいもあるけれど(この方が有り難いcoldsweats01)、「うわっ、高い!」と思った。上に上がってから回り始めてる。男子みたい。すごいものです。今月の頭までは跳べず中野友加里さんがアドバイスして跳べるようになったみたい。SPではそれをコンビネーションにしていたのでなおららすごい。

全体的にはジャンプの回転不足やミスがあったり、ステップやスピンが危なっかしかったり、後半明らかに疲れている感じがあったりして、全日本で3位に入るにはまだ道通しという感じ。しかし、3ヶ月前はプログラムにジャンプ入れられなかったところから短期間でここまで来るとは本当に素晴らしい。

3ヶ月後の全日本、どこまで行くのかとても楽しみhappy01

彼女の出産騒ぎに関して世の中のお母さん達があーだこーだと非難したことに関し正直愕然とした。社会、特に女性がこんな状況では「ダイバーシティの実現」「女性活躍推進」なんていくらやってもうまくいかないだろう。

世の中のワーキングマザーの中にはくじけそうになっている方々もたくさんいるはず。そういう人達のためにも安藤美姫選手には頑張ってほしい。「やればできる!」そういう勇気をもらえる人はたくさんいるはず。子育て中でも何でもない私自身も勇気を頂いているのだから。

さて、この大会には織田選手も出ていて、SPはトップ。当然彼は優勝するだろうと思っているので特に注目はしていないので終わった後でリザルトチェック。あとはリード兄弟が五輪枠を何とか取ってくれることを祈ろう。

|
|

« お呼ばれ | トップページ | AUXAMIS TOKYO @丸の内 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お呼ばれ | トップページ | AUXAMIS TOKYO @丸の内 »