« 薬膳料理 | トップページ | Bistrot de Bave@牛込神楽坂 »

2013/09/09

牛田智大くんリサイタル

13才の天才ピアニスト牛田智大くん のリサイタルに行ってきましたnote

_17

期待を大きく上回る演奏で、すごくよかったsign01

チケットを取るときに母にも声をかけたのですが、「大人が子どもを働かせる強制労働みたいで気の毒weep」と。でも、私は聴きたい!と思って出かけたのでした。

そうしたら・・・・・全くもって大人の演奏。立派なプロのピアニストです。

1.ショパン:ノクターン op.27-2
2.ショパン:ポロネーズ7番「幻想」

3.ショパン:プレリュード15番「雨だれ」
このあたりまでは、ああ、綺麗な音、綺麗な演奏、TVで観たとおりだなあ・・・って。

4.ショパン:バラード3番
ここからのびのびしてきました。

5.ショパン:英雄ポロネーズ
乗ってきましたsign01 オクターブ満載の難しい曲なので、「大丈夫かな?」なんて失礼ながらちょっと心配したのですが、余計なお世話で・・・・メリハリのある素晴らしい演奏shine きゃー、すごい!

6.リスト:パガニーニ大練習曲より第6番 
激しいのだけど美しい音。これ、すごい難曲で、時にはよっこいしょという演奏を聴いてしまったりするのですが、全くそんな不安なし。

7.シューベルト/リスト:白鳥の歌より第7曲「セレナーデ」
8.リスト:献呈
もううっとりです。

10.リスト:巡礼の年第2年より第7曲「ダンテを読んで・・ソナタ風幻想曲」

これはベルマンの演奏が好きでよく聴いていますが、また全く違う表現でした。壮大で美しい音。ヨーロッパの巡礼の風景が目に浮かんできました。

アンコール
11.シューベルト/リスト:アヴェ・マリア
12.プーランク:エディット・ピアフを讃えて
13.ショパン:小犬のワルツ


12.のエディット・ピアフは聴きたかった曲のひとつ。心にじーーーんと響きます。恋愛の経験もないだろうにどうしてこんなに素晴らしい世界を表現できるんでしょうねえ?




演奏中は13才という年齢を全く忘れてしまうのですが、演奏が終わって立ち上がると、とっても小さい男の子。笑顔も可愛いhappy01

観客から「ブラボー!」の声もあがりましたが、お辞儀に心からの感謝の気持ちがこもっていました。これで体が成長したらどれだけダイナミックな演奏になるんだろうか・・・。

パンフレットにあった好きな食べ物、「玄米、お味噌汁、お漬け物、空心菜炒め、トマトと玉子炒め・・・・」、大人みたいです。

以前観たテレビ番組では、日経新聞を読んでいて、芭蕉が好きなんて言っていましたっけ。

こういう素晴らしい個性と才能を持った人がより一層花開いて欲しいものです。

気になったのは、TVの露出があるせいか、五嶋龍くんのようにアイドル扱いする大人達がいそうだなということ。今日も演奏中のマナーが気になりました。演奏中、うるさいのです。

レジ袋をガサガサしたり、鈴のついているものを動かしたり(なぜリサイタルに鈴ついたものを持ってくる?)、物をバサッと落とす人が何人もいたり・・・・・。

2時間以上ぶっ通しで弾いたあとにサイン会もあった模様。強制労働とは言わないけれど、まだ13才の手、あんなに酷使した後なのだから、労る必要あるんじゃないの?と思いました。これから何カ所もツアーするみたいだし。


デビューCDは持っていましたが、帰宅して2枚目CDを早速注文happy01

11月はショパンコンチェルトを日本のオケと、来年は海外オケとの協演。楽しみですhappy01

|
|

« 薬膳料理 | トップページ | Bistrot de Bave@牛込神楽坂 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬膳料理 | トップページ | Bistrot de Bave@牛込神楽坂 »