« 玉英堂@人形町 | トップページ | 泥武士@銀座 »

2013/10/14

イ・ムジチ合奏団

小学校の音楽の時間に聴いて「何と素晴らしい音楽!」と衝撃を受けたヴィヴァルディの「四季」

五嶋龍君、ムターがソリストとして参加しているCDは持っていたものの、そういえばイ・ムジチのは持っていませんでした。
先日行ったリサイタルでもらったチラシにあった生イ・ムジチを聴きに行ってきました。

1378001_610372172359443_92119190_n

別によい席でなくていいと思いA席にしましたが、2階の後ろから3列目。でも、お隣もいないしのんびりできます。

クラシック好きといっても、好みがかなり偏っています。バロックは嫌いではありませんが、四季以外は印象に残っていません。

前半はコレッリとヴィヴァルディの協奏曲4曲。心地よくて途中でお昼寝に・・・sleepy拍手で目覚めるという状況(後ろの席で本当によかったcoldsweats01)。

休憩を挟みいよいよ「四季」、これは身を乗り出して聴き入りました。アンサンブルはさすがsign01ピターッと合っています。

ソロパートはいかにもイタリアのイケメンheart04というコンサートマスターが弾くのですが、この自由度が高くて、一瞬「あれ、間違った???」と思ってしまう感じ。考えてみたらイタリアの合奏団、生真面目にきちっと演奏するのはイメージに合いませんねcoldsweats01 

素晴らしかったのはアンコール、3曲中2曲はヴィヴァルディ、1曲は・・・・・赤とんぼでした。この美しいこと・・・・・・shine 涙腺がしっかり刺激されました。周りにも涙をぬぐっている方が何人もいらっしゃいました。

バロックファン、イ・ムジチファンというのはたくさんいらっしゃるのですね。
サイン会には長い列ができていました。
また、ちょうどイ・ムジチの「四季」の聴き比べCDなどというものも販売されていました。昔のメンバーのから現在のメンバーのものまで比べられるみたいです。

いま五嶋龍君の「四季」を聴きながらこれを書いていますが、やっぱり名曲shine

|
|

« 玉英堂@人形町 | トップページ | 泥武士@銀座 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉英堂@人形町 | トップページ | 泥武士@銀座 »