« おあじ@新橋 | トップページ | 鳳凰祭三月大歌舞伎 »

2014/03/16

さいたまシティマラソン2014

この時期恒例となりつつあるさいたまシティマラソンハーフの部に参加してきました。いつかはフルにしたいそうなのですが、なかなか難しいようですね。

今回はいつもの川内選手に加え、藤原選手も参加。開会式でスピーチなさっていました。

この大会のよいところはさいたまスーパーアリーナがスタートで、更衣室も何もかもここが使えるということ。

1958010_698358676894125_1694795875_

12月にフィギュアスケートの全日本選手権のため3日間ここにいましたので、勝手知ったる場所。例年のようにうろうろせずに済みました。

アリーナに立ってみて、ここで「鈴木明子ちゃんが素晴らしい演技したんだなあ・・・」「大ちゃんが泣いたんだなあ・・・」なんて感慨深く思っていました。また、観客席を見上げてみて、これが満員の状況の中でたった一人で演技をしなきゃならないってすごいプレッシャーbearing とも思ったのでした。

スタートはアリーナの外。

131

号砲鳴ってからスタートするまで10分弱かかりました。

ORSC資格コース、仕事、そして極めつけの怪我でろくに走っていない状況の私。果たして完走できるのか?というレベルcoldsweats02 練習するつもりで出ました。

「走った距離は裏切らない」という言葉がありますが、「走っていないことはごまかせない」とも言えます。3キロぐらいから渋滞緩和されるので、通常はスピード上げるのですが、自信ないのでやめました。10キロまではまあまあの感じだったのですが、その後は結構きつい。

アップダウンも結構あるコースでヘロヘロになりました。足が動きません~。途中、種屋さんがミニトマトを出してくれたのが嬉しかった。清水さいたま市長を途中で抜きましたが、沿道の声援に丁寧に「ありがとうございます!」と応えながらのランは大変だったに違いありません。

結局昨年よりも7分遅れの2時間8分5秒。1年前は2時間を再び切れそうなんて思ったのですがまた遠のきました。

それでも、今月痛みを感じていた左膝が大丈夫だったのがよかったです。

ORSC資格コースも終盤を迎えているし、怪我も治ったし、これからはもう少しきちんと走ります。できたら来シーズンはフルを走りたいと思います。

さて、60代以上男子の部の優勝者は1時間18分台。みんな「速ぇ~っ!」って驚いていました。60代以上女子の部の優勝者は1時間42分台、8位の方は72歳で2時間3分。シルバー世代、すごいですね。私も70代まで続けていたら、どこかの大会で1回ぐらい入賞できるかもしれませんねcoldsweats01
参加賞のタオルは今年はピンク。嬉しいなあ。

3

走っていない身体にハーフは結構きつい。終わった後は足パンパンannoy。家に帰ってまず1時間仮眠しました。身体って正直だなあとつくづく思いました。

|
|

« おあじ@新橋 | トップページ | 鳳凰祭三月大歌舞伎 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おあじ@新橋 | トップページ | 鳳凰祭三月大歌舞伎 »