« 小羊肥@新宿 | トップページ | 牛田智宏 ピアノ・リサイタル  »

2016/02/11

浜松国際ピアノアカデミー20周年記念コンサート

浜松国際ピアノアカデミー20周年記念コンサート。
大活躍中のピアニスト達による演奏会でした。
音楽総監督の中村紘子さんから15分ほどお話ありました



3人との出会い、そしてその才能に驚いたことなど。
凄い人というのは10代前半で普通の人とはまるで違うの

ですね。神様から選ばれた人達なのでしょう。

まず1人1人の演奏がありました。河村さんのモーツァルトソナタは私が昔発表会で弾いたもの。こーんなに素敵な曲だったのね・・・・と愕然としました。

12711200_1095320883864567_860392443



上原さんのラフマニノフは第1音から煌めきが違います。
上原さんは独身時代、妊娠中、そして、いまと生を聴いていますがより深みが増した感じ。女性としての変化は演奏へも影響するのでしょうね。
チョさんはまたまた上手くなったなあという印象。この人は本当にすごい。
あとは、ピアノ2台でのモーツァルト(凄い人が2人で弾くと言葉にできないくらい凄い)と、1台を3人で(こんなの初めて)。
急に行くことになった演奏会でしたが、感動的でした。
休憩時間にバーでジュースを飲んでいたら、ワイン飲んでいた女性に話しかけられました。「今の感動を誰かと分かち合いたくて!」って。私も全く同じ。しばし盛り上がりました。
その方はワルシャワで生でショパンコンクールも2度聴いていらっしゃるとか。すごいなあ・・・・。私も死ぬまでに一度ショパンコンクールかチャイコフスキーコンクールを聴きに行ってみたいなです。

この方と牛田智大くんのお話が出ました。最近聴いて本当に上手くなったとのこと。オペラシティのも聴きに行きますと仰っていたので、「私も!」なんて言っていたのですが、何と、牛田くん、このシリーズの演奏会で2/6に演奏中に意識失って倒れていたようです。

1月の演奏会も体調不良でリタイアとか。スケジュールをみたら、忙しすぎ。学校通いながら無理じゃないのだろうか?

思春期で身体も変化しているとき。将来期待されるピアニストです。大事にしてほしいものです。

お話された中村紘子さんもガンで闘病中。お元気そうに見えましたが、実際はそうではないのでしょう。お大事になさってほしいです。

|
|

« 小羊肥@新宿 | トップページ | 牛田智宏 ピアノ・リサイタル  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小羊肥@新宿 | トップページ | 牛田智宏 ピアノ・リサイタル  »