« 牛田智宏 ピアノ・リサイタル  | トップページ | 渋谷・表参道 Women's Run 2016 »

2016/03/02

辻井伸行×三浦文彰 究極の協奏曲コンサート

究極の協奏曲コンサート

三浦文彰さんのチャイコフスキーコンチェルト
辻井伸行さんのラフマニノフ3番

という贅沢な内容でした。

プログラム

三浦文彰さん

マスネ:対すの瞑想曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35
辻井伸行さん
オールラフマニノフ
前奏曲 Op.32-12
パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43 第18変奏
ピアノ協奏曲 第3番 
オーチャードホールだったのですが、音がよくなかった。以前はこんな風には思いませんでした。恐らく、ホールの造りによって音が天井に上がってしまうのでしょう。また、急に金管の音が目立ったりと不思議なホールでした。
三浦さん、精一杯音を出そうとしているのに、伸びのある音にきこえなかったのが残念。
辻井さんは 我が道を行く というような演奏。微妙にオケとズレるところがあるのですが(どうやらこれもホールのせいだったようで・・・)、あくまでもマイペース。まるで格闘技みたいな演奏でした。凄い迫力でした。
最近、オペラシティ、芸術劇場、サントリーホールといった、新しくて(含むリニューアル)響きのよいところばかりで聴いていたので耳が肥えたようです。

アンコールはガーシュインの前奏曲。
2人ともノリにノッていました!素晴らしい演奏でした。

|
|

« 牛田智宏 ピアノ・リサイタル  | トップページ | 渋谷・表参道 Women's Run 2016 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牛田智宏 ピアノ・リサイタル  | トップページ | 渋谷・表参道 Women's Run 2016 »