ニュース

2009/09/08

犬がおつかい?

「おじいさんを手伝う買い物犬、犬2匹だけでカートを押して買い物へ」
http://www.narinari.com/Nd/20090912249.html

dog中国のワンコ2匹が自分たちだけでカートを押しておつかいに出るらしい。

偉いなあ。可愛いなあheart04

犬の知能は人間の3才児程度と言われている。
「初めてのおつかい」(?)といったテレビ番組があるけれど、あれは幼稚園児~小学校低学年くらいだったっけ。

続きを読む "犬がおつかい?"

| | コメント (0)
|

2009/05/27

爽やかCM【伊藤ハム:浅田真央ちゃん】&犬19頭

ふと目にしたCMeye

あまりにも爽やかで思わず笑顔にhappy01

伊藤ハム 朝のフレッシュシリーズ 「忙しい朝が来た」篇

浅田真央ちゃんってほんとうに可愛いわ~heart04
そして、この人、ハムをとっても美味しそうに食べるnote

これ見たら「朝のフレッシュ」思わず買いたくなるのでは。
このCMは5/31までらしい。次のシリーズはあるのかしら?

続きを読む "爽やかCM【伊藤ハム:浅田真央ちゃん】&犬19頭"

| | コメント (0)
|

2009/05/21

頼近美津子さん

頼近美津子さん死去のニュース、一瞬何が起こったのかわからなかった。

ついこの前まで「五嶋龍のオデッセイ」で毎年元気な姿を拝見していたし、音楽番組とかイベントとか、雑誌などでも時々お見かけしていた。最初は事故かと思ったら「心不全」。その後の報道では2年前からガンで闘病なさっていたと。

頼近さんは私よりほんの少し上の世代で、頭がよくて美しくてちょっと憧れの存在だった。到底まねはできないけれど素敵だなと思っていた。フジテレビに移籍したときはびっくりした。その後はほとんど民放を観ない実家にまだいたため活躍の様子を見ていない。

続きを読む "頼近美津子さん"

| | コメント (0)
|

2005/01/05

インドネシア津波の募金

インドネシア大津波が発生してから10日余り。昨日現在の犠牲者が14万5千人だとか。あまりの被害の大きさに絶句である。

最初、インドネシアという国名を聞き、すぐに「募金」と思った。発展途上国なら私のわずかなお金でもかなり役立つな、と。時々届く寄付金のDMには「あなたの5千円で何十人の子供達に予防注射ができる」なんて書いてある。

しかし、その後の情報が入ってきて、そんな私のお金なんか全く役立たないくらいの被害だということがわかってきた。何億ドル単位の援助でもまだ足りないくらいだ。すごく虚しくなってしまった。私などができることはない・・・・。

でも、昨日夜テレビで、プーケットの人々が政府からの援助金6千円相当を大事そうに受け取っている姿を見た。平均月収の半分くらいにあたるとか。そうなんだ。私なんかができるわずかな募金でも、きっと誰かの役に立つよねと思い直した。さて、どの方法でやるかを考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/12/30

海上自衛隊の護衛鑑

スマトラ沖の地震の被害を見ていると胸がつまりそうになる。どうしてこんなひどいことになってしまったんだろう?

犠牲になった方の確認も危ういし、行方不明のまま・・・ということもあり得る。あの地域の復興もこの先できるのかどうかもわからない。現地の人々はどうなるのだろうか? 募金をするにしても、あまりに被害が大きすぎて・・・・・無力感が漂う。

そんな中、世界中から救援の手がさしのべられている。これはいいことだ。自衛隊も行くらしい。イラクじゃなくてこういう時に活躍して欲しいものだ。

海上自衛隊も早速部隊を派遣。ただ、3つの護衛鑑のうちひとつの名前が「たかなみ」とは。他の艦船にするなんて余裕もないのだろうが、よりによって・・・。

ひとりでも多くの人が助かりますように。そして、一日でも早く元の美しい海を取り戻せますように。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2004/12/27

シルク・ドゥ・ソレイユ初体験

昨日、シルク・ドゥ・ソレイユよる上演「アレグリアⅡ」を観た。

メンバーは妹・10歳の姪と私の3人。このアレグリアはアクロバットだけではなく、トータルでの芸術性を高めているもの。難しいヨーロッパ映画のような、独特な舞台演出がなされている。歌あり、踊りあり、ピエロのパフォーマンス(ピエロの役割がかなり大きい)ありといった中で信じられないようなアクロバットが入っている。サーカスを生で観たのは初めてだったのだが、ド迫力。本当にこの人達は、人間? と聞きたくなるようなレベルの高さ。

あっと言う間に2時間半が過ぎた。

「回転寿司を食べたい」と姪っ子が言うので、駅前の回転寿司屋さんに。あいにく満席。しばらく待ってみようということに。

そうしたら、ものすごいスタイルの良い(足:それ以外=1.5:1 、八頭身以上)白人女性が3人で入ってきた。

続きを読む "シルク・ドゥ・ソレイユ初体験"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/12/16

ドン・キホーテの火災

3人の方が亡くなられたドン・キホーテの火災、放火なんて何という酷いことをするんだろう。背景に何があったか知らないがもし動機が恨みならもっと別の方法ではらして欲しかった。

でも、どうしてもっと用心しなかったのだろう。私はドンキで買い物をしたことがない。店内にちゃんと足を踏み入れたこともない。以前一度渋谷店に入ろうとしたが、あまりにごちゃごちゃしていて入らずに出てきた。

気が短い私はさっさと必要なものだけ買いたい方。どこにあるか探すのを楽しむなんてことはまず無理。おまけに閉所恐怖症気味なので本能的にあの空間を拒否してしまった。地震があったらあの商品が全部崩れてくるな・・・という怖さもあった。

続きを読む "ドン・キホーテの火災"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/12/11

C型肝炎ウィルス

血液製剤「フィブリノゲン」の納入先リストが公表された。この薬のお陰でC型肝炎に感染している人がかなりいるという。

数ヶ月前、70歳の母が自治体の検診でC型肝炎ウィルスのキャリアだということがわかった。母は今まで2度手術をしているが、怪しいと考えたのが妹を出産した時のこと。臨月で大出血を起こし緊急手術。母子とも危ないところだったのを生き延びた。その時輸血をしたのだ。

今回公表されたリストは1980年以降のものだが一応チェック。そうしたらその個人病院の名があった。備考欄に「前院長は平成13年に死去」とあり、母は「あの先生お亡くなりになったのねえ」と呟いた。

続きを読む "C型肝炎ウィルス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004/11/06

本当に切ない・・・・

新潟の地震、報道によるとまだまだ大変な状況が続いているようだ。おまけに大きな余震やら水害やらとこれでもか、というくらい次々に苦難が襲っている。まるでいじめだ。「いい加減にやめてあげてよ!」 と声を上げたくなる。本当に切ない。住民の皆さんが一日でも早く平穏な日常を取り戻されますように祈るのみ。

渋谷区の郵便局で少しだけだが義援金を送った。郵便局をあまり利用しないので、振込用紙がいろいろあってわからない。窓口で「あの~、義援金送りたいんですが・・」と尋ねたところ、「いろいろありますがどれがいいですか?」とクリアファイルから用紙を出してくれた。手書きで口座番号、宛名、通信欄の記載がすでにされている。そのなかから一種類を受け取り手続き。その間ほんの10分程度、2人の若者がやはり窓口に同じ問い合わせをして手続きをしていた。

この義援金は、所得税の寄付金控除の対象となっているものもある。どうやって領収書を貰うのだろうかとサイト等で調べていたのだがよくわからなかった。昨日たまたま見たテレビによると「通信欄に『領収書希望』と書いて」とのことだった。これから送られる方は活用されたらよいと思う。こういうことを最初からもっと教えてくれればいいのに。

近いうちに何度か新潟に仕事に行く。移動は空路を利用するが、便の少なさはどうしようもなり。最終便が早い。新幹線の便利さを改めて感じる。

切ないといえば、イラクの人質事件。国からのお達しなのだろうか、テレビも新聞も気を遣っている。インターネット上の情報との間にはかなりの格差がある。もちろん、ご家族を傷つけることは避けたいが、国民は正確な情報を知る権利もある。微妙な問題だから大きく反応されたくないという国の立場もわかるが、情報操作をされてしまったら私達は正しい判断ができない。切ない気持ちと様々な方面に対する怒りを感じる出来事だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2004/10/28

「自分探し」だなんて・・・・・

いよいよココログ開店です。よろしくお願いしますm(._.)m

イラクで捕らえられた男性のイラク入りの理由が「自分探し」だったという報道を見た。「何もあんなところで自分探しをしなくたって」という気持ちと、「あの人はあんなにいろいろやっても自分探しができなかったんだな」という気持ちが入り交じっている。

日本ではダメ、海外で・・・ということでニュージーランドに行ったのだろうが、そこでも自分の存在価値や生きる目的を意識できなかったのだろうか。直前にあんな危険なイスラエルにも行っていたらしい。それでもわからなかったのかな。

人間は極限の状況を体験すると、自分の本質や存在価値などに気付くことがある。以前問題になった自己啓発セミナーなどはそういう体験を意図的にさせていた。

また、思い切って行動することによってまた大きな学びを得、生きる目標を見つけたりすることもある。実際、このことを題材にした書籍やセミナーは大流行。

前後者とも、冷静な状況判断や緻密な自己理解・自己分析(能力・資質等)の上でやるのは良いと思う。しかし、ただ何も考えず危険な状況に身を置いたり、能力がないのにただ「行動」に先走ることはとても危険だ。

災害のボランティアや海外青年協力隊等、人に迷惑をかけずに得難い体験をし、人の役に立つことで大きな学びを得る方法はいくらでもある。

どんどんチャレンジをして成功する人というのは、一見ただ動き回っているように見えて、実はきっちり足下も固めている。

あの人も、イスラエルに行って何か学んだものがあったのだろう。ある発展途上国にボランティアに行った知人が、「あそこに行くと人は皆平等だし、損得で動かない。人類皆友達だ」と言っていた。日本人は心が貧しくなってしまった。ああいう国で、もしかしたら、そんなことを感じたのかも知れない。

日本は自分の存在を確認できないような淋しい国になってしまったのかなあと残念に思う。今回の事件に関しては様々な意見がある。それは理解できるし同意・共感できる部分もある。しかし、やはり私は何とか救出がうまく行ってこの学びを活かして欲しいを思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|