NLP

2006/07/17

マスタープラクティショナーに

200607172302000 NLPマスタープラクティショナーの資格を頂いた。マスターコースに通い始めて2年目。昨年出席できなかった日をクリアして晴れてマスターに。

今回2日間のうち1日目しか出られなかったので当然来月頂くのだろうと思っていた(通常は2日目の最後にセレモニーがある)。それなのに、きちんと私のために時間を取って頂き感激である。

NLPを学び初めて3年目。始めた頃とは私の仕事環境や世の中から求められている役割が変わってきた。従って私の中のNLPの位置づけが変わってきた。そこで、この長丁場のコースをかなりの時間を使って続けることに対して正直葛藤がある。しかし、精神的・物理的に無理のない範囲で参加し続けている。そして、来年以降も何らかの形で触れていたいとも思っている。

続きを読む "マスタープラクティショナーに"

| | コメント (4)
|

2006/06/20

Love(慈愛) そして新顔のわんこ

人が、自分のために欲している最も深い部分にある状態・存在をコア・ステートという。先週末のNLPマスターコースのテーマはコレだった。

コア・ステートには次の5つがある。

Being(存在)
Inner Peace(安らぎ)
Love(慈愛)
OKness(自己承認)
Oneness(一体感)

続きを読む "Love(慈愛) そして新顔のわんこ"

| | コメント (0)
|

2006/06/19

何かギクシャク、日本代表

あーあ・・・・・引き分けだ~。。。。。

昨晩のサッカー日本-クロアチア戦。先週のオーストラリア戦もそうだが、日本代表何だかヘン。こんなに下手だったっけ? フランス大会ぐらいのレベルに後退してしまったような。大昔の、パスを回すばかりでゴール近くにパスを入れられなかった時よりはいいけれど、前回のW杯の時のような勇気を出して突っ走ってみるというシーンが見られない。決定的チャンスに全然入れられないし。素晴らしいのはGKの川口くらい。この人はどんな時でも目の前のこと、自分が今何をやるべきか、きちんと集中して結果を出せる。

日韓大会の時はチーム全体が燃えていて結果はどうあれ清々しさがあった。今回は故障者も多いらしいが、ギクシャク感が伝わってくる。「何か」がかみ合っていないのだろう。

続きを読む "何かギクシャク、日本代表"

| | コメント (2)
|

2006/05/27

にっちもさっちも・・・

昨日の夜中からけっこうキツい頭痛。慌ててイブを飲んで寝たけれど夜中じゅう痛む。そんな時は熟睡できていないせいかヘンな夢を見る。

川沿いのアパートの一室にいる。雨が降っていて(確かに実際も降っていた)、川がみるみる増水。とうとう窓よりも高くなってきて水が入ってきた。慌てて実家に「今日泊めてよ」と言うが、母は「おばさんが今来ていてとても泊められない」と言う。「いいわよ、ホテルに泊まるから!」と喧嘩。 

次のシーンでは、窓から水が入ってこないソフト(?)をダウンロードしようとフラッシュメモリーを持って住民がどこかに集まっている。みんなどうやってよいかわからないというので、私がやってみせて教えている。 そこで目覚めた。

続きを読む "にっちもさっちも・・・"

| | コメント (0)
|

2006/05/16

エクセレントライフを生きた叔父

叔父の葬儀に参列。今回はキリスト教式のもの。これは初体験であったが心温まるよい葬儀だった。

祭壇にはピンクと白のお花(洋花)。もちろん遺影も黒リボンではなくてお花の額。会場には音楽が流れている。葬儀中も礼拝と同じように賛美歌を歌う。

何よりいいのが、そこにいる全員がそれぞれの思い出の中で故人とつながることができる点。以前の上司の心温まる弔辞や牧師先生のお話、そして、叔母の話を聞きながらみんな故人に思いを馳せていたに違いない。そんな温かさと一体感がその場にあった。

続きを読む "エクセレントライフを生きた叔父"

| | コメント (0)
|

2006/05/06

先生もいろいろ・・・・

先月は病院に何度も足を運ぶ月となった。

まずはある疾患で10年以上お世話になっているM病院。そこで経過観察中の部分をチェック。問題なし・・・・ということで家に帰ったが、翌日「変だな?」と感じ一週間後にまた行く。

その先生は40代のやり手の男性医師。その疾患を見つけてくれた先生でもあるので信頼していた。しかし、今回はNG。不安に思っている私の話に全く耳を傾けず、「また来たの?」という様子。撮ったレントゲンもチェックせず。ろくに診察もせず「大したことないよ。半年後にまた来て」と。がっかり。。。

続きを読む "先生もいろいろ・・・・"

| | コメント (0)
|

2006/04/28

ミルトン・エリクソンは凄い!

NLPを学ぶ仲間の研究会に出席。テーマは「ミルトン・エリクソン」。催眠療法というとこの方の名前が出てくるし、NLPで用いられるミルトンモデルの元祖。

今日はNLPerであるMさんのレクチャー。よくここまで・・・・・と思うほどよく勉強されている。ミルトン・エリクソンという人間、そしてその療法の背景をわかりやすく伝えていただいた。

ミルトン・エリクソンの療法、まるでマジックである。トランス状態を用いて、末期ガンの痛みを取ったり、おねしょやアルコール中毒を治したりしてしまう。あいにく1980年に亡くなられているのだが、もし生きていたら一度カウンセリングを体験したかった。これを自由自在に使えたら・・・・・・コーチングも研修もすごいことになる!

Mさんはご自分で勉強なさったこと(これが大変!)を惜しみなく教えてくださった。この姿勢にも学ぶべきことが多かった。

続きを読む "ミルトン・エリクソンは凄い!"

| | コメント (2)
|

2006/02/27

週末(NLPマスターコースなど)

NLPマスターコース2年目スタート。このところ3日間缶詰のスクーリングに身体が順応してきたこともあり、2日間というのが少し楽に感じる。

1年目前半は仕事の事情で心ここにあらずの状態で身体だけかろうじてその場に置いていた状況だった。今年はかなり穏やかにその場にいられている。当然理解度も深まる。2年コースを申し込んでいて本当によかった。新たな仲間とも出会えて、今年も楽しくなりそうな予感。

ひとつつらいことといえば、人数が多すぎること。何と1クラスが80人超! 1日目午後には空気の流れが悪った上、いろいろな人の体臭に誰かの香水の香りが混じり、気分が悪くなった。人混み大嫌い、またたくさんの人に一挙に出会うことにストレスを感じる私にとって、こんなにたくさんの人と一部屋に密着(?)していなければならない状況は大変キツい。教室内の人混みを見た途端にかなりエネルギーを削がれてしまっているのは事実。2日目の朝、あの息苦しさを思い出し、休もうかどうか真剣に迷った。

続きを読む "週末(NLPマスターコースなど)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/11/21

NLPマスターコース

NLPマスターコース、1年目が終了。完全終了まではあと1年あるのだが、カウンセリング実習のアセスメントも突破し一区切り。お免状は、今年3日間お休みしたためそれを受講後の来年夏となる。

この1ヶ月全く準備することができず、これでアセスメントは無理だと思っていたが、やってみたら身に付いていたものがあったようでまあまあの出来。心と体力、時間のやりくりで辛かった時期もあったけれどやめずに続けてよかった。

その後、グループリーダーKさんからのフィードバックがすごかった。その実習についてのコメントはもちろんのこと、1年間の成長についても、よく見ていてくれていることが伝わってきた。そして、何よりも、フィードバックする時のBeingが素晴らしい。あらためて、Kさんが、どんなに真剣に私達と向き合ってくれていたのか、信じてくれていていたのかを実感した。

続きを読む "NLPマスターコース"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2005/10/22

かなりパンパンに・・・

有り難いことに研修のお仕事がたくさん入っている。そして、新しい案件もいくつか。

そんな中、大学の教科書を読んでレポート書いて・・・。おまけに明日は試験(2科目)だ。午前中に仕事をして、お昼過ぎになって漸くテキストを広げた。2度読んでノートにまとめてレポート書いたはずが、全く頭に入っていない。もう一度ノートを広げ、全体像を頭に詰め込んでいる。どうなることやら・・・・・・。

来月はNLPマスターコースのアセスメントもある。お仲間達は自主的に集まって練習会などをしているが、全く参加できず。

考えてみると、今はこれまでで最もパンパンな状況。コーチング等のイベントに申し込んでもほとんどドタキャン。仕事があるのは本当に有り難いのだが、コーチング、NLP、キャリアカウンセリングなどのお仲間があちこちで集っていらっしゃる様子をブログなどで拝見すると、ちょっぴり淋しい。

こんな日常の中、もちろん失敗は数々あるのだが、落ち込んだりしているヒマがない。私ってダメだなあ・・・と5秒だけ呟いて終わり。すぐ次に進むしかない。これは却って良いのかも。

この状況下で仕事のクォリティをいかに向上させ続けるか、が課題。

続きを読む "かなりパンパンに・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|