新聞

2010/03/14

私の履歴書 

日経新聞の「私の履歴書」 今月はユニ・チャーム会長の高原慶一朗氏。

ユニ・チャームの商品は現在ではこのようにたくさんあるけれど、スタートは生理用品。
ここ数日はその事業を立ち上げていく過程。

すごく面白い!

生理用品には長きに渡りお世話になっているけれど、その進化は素晴らしい。

 

続きを読む "私の履歴書 "

| | コメント (2)
|

2005/10/17

懐かしいことば

今日の日経新聞夕刊を読んでいて「おこうこのたいたん」というタイトルが目にとまった。懐かしさが胸にふわーっと広がった。

これ、東京の人には何のことかわからないだろう。「沢庵の煮物」のことだ。

1歳から小3の途中まで関西で過ごした。たぶん一番最初に他人との会話語としてマスターしたのは関西弁。従って、関西弁は耳慣れているし、きっと今だって少し練習(?)すればある程度は話せるに違いない。

我が家には湘南出身の父の言葉と北海道出身の母の言葉のミックスで会話が進んでいたのだが、そこに関西弁が加わった。どうやら柔軟性の高い両親だったらしい。家での会話もだんだんと中途半端な関西弁になっていた。だから、子供の頃は「お沢庵」とも「お漬け物」とも「おしんこ」言わなかった。いつも「おこうこ」だった。食卓には母が漬けた「おこうこ」が必ず乗っかっていた。

その後、東京、北陸と引っ越したが、しばらく「おこうこ」は続いていたと思う。その後東京に来て長い時間が経ち、「おこうこ」は消えた。

そういえば、北陸にいたとき使っていた母音をのばす独特のイントネーションも我が家からはいつしか聴かれなくなった。現在は両親も私も妹も東京弁を話す(純正ではないが)。ちょっぴり寂しいね。

方言はとてもあたたかい感じがして好きだ。関西に行くと、嬉々として関西イントネーションの「ありがとう」を言っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/10/14

新聞記事

shinbun 10/9 フジサンケイビジネスアイに掲載された記事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/10/09

フジサンケイビジネスアイに掲載

10/9づけ、フジサンケインビジネスアイに先日取材していただいた記事が掲載されました。

写真はOK。実物よりもよく撮っていただいている。内容は、ニュアンスが異なっている部分はあるが、私が言いたかったことは伝えていただいていると感じた。

起業してから今までのことを振り返るのは気恥ずかしいのだが、こうやって記事を見てみて、おもしろいことがわかった。私はチャレンジャーだ、ということ。

もし購読していらっしゃるがありましたら、ぜひ10/9分を見てみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/09/22

フジサンケイビジネスアイ取材

フジサンケイビジネスアイの取材を受ける。

記者のN氏が聞き上手なものだから、2時間以上もペラペラと話し続けてしまった。

掲載は10/9。どんな記事になるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|