« マラソンに例えると | トップページ | 卒論提出 »

2012年1月 3日 (火)

序論に苦しむ・・・

〆切まであと13日・・・・・

まずは全体をザラッと粗く書いてしまうという作業をやっている。

本論は実際やったことなので比較的順調に進んでいる。

しかし! 苦しんでいるのが 序論

本当は

研究テーマに関する文献や論文を読み、仮説を立て、また読んで、問題を見つけて研究に入る

のだが、

私の場合は、研究というものがどういうものかもよくわからないまま文献やら論文やら読んでいて全く頭にも入っていないし、保存していた論文、メモしていたこともいざ文章にしようとした時に全く役に立たない。

そこで、今になってこじつけ的にあれこれ探して何とか並べて形にしようとしている。

実際データを取って分析してみると、文献や論文の読み方も違うし、引っ掛かってくるものも全然違う。

今になって「これは研究テーマを決める前に読んでおくべきだった!」という論文に出会ってしまって、

その内容があまりにも素晴らしくて(もともとレベル違うけど)、がーっくり来たりして・・・・。

私の論文かなりひどいできだなあ・・・・

というのがわかり、もうやめたい~ なんて気持ちに。

我がゼミは事前のコーチによるチェックもなく、先生への事前提出もなし。

きちんとデータを取って分析をするという心理研究の基本をやっているかいないかがまず合否基準ではないかと言われているので、私の場合は論文という体裁を整えて提出すれば、まず落とされることはないのではないかと思う。

他のゼミでは1年目から何度も論文を提出したりスクーリングがあったりして論文の質を高めて行くシステムなので、多分そちらにいらっしゃる皆様の論文の質は格段に高いだろう。

先生のお考えは、学士ではまずやってみるというのがゴール、質は大学院で求める ということなのではないのかなあ(あくまでも想像)。

私の研究テーマ、もう一度ちゃんとやりたいなあ、という気持ちが芽生えている。
本当ならここで大学院という道を考えるのだが、仕事のことを考えるとちょっと無理。
将来の願い事のひとつにしておこう。

|

« マラソンに例えると | トップページ | 卒論提出 »

卒業研究」カテゴリの記事

コメント

卒論合否基準はゼミの先生次第ですから、ちょこじぇらーと!さんの先生がOKならばOKなんですよ。他の人と比べていたらキリがありません。まずは先生が求める基準をクリアすることが先決。あとは卒業してから修正しても良いと思います。それこそ、レベルの高い卒論をかいた同期(臨床心理学系のSゼミとかKゼミ生など)に査読依頼して、意見を貰ってもいいと思います。残り13日で論文の形に仕上げられるようにもうひと踏ん張りです!

投稿: ごすぶくろ | 2012年1月 3日 (火) 13:15

★ごすぶくろさん

温かいコメントをいつもありがとうございます!
どれだけ元気づけて頂いていることか・・・

ここでぶれずにしっかりやりこなすことが大事ですよね! どなたかに読んで頂くという手もありますね。もし早めに仕上がるようでしたらお願いしてみます。
がんばります!
心から感謝です

投稿: ちょこじぇらーと! | 2012年1月 3日 (火) 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マラソンに例えると | トップページ | 卒論提出 »